ポイントプログラム
子どもが読み書きに親しむためのアドバイス: 本好きにさせる方法

子どもが読み書きに親しむためのアドバイス: 本好きにさせる方法

読書の習慣は幼児期に作られる幼時期に、子どもたちは言葉が好きになり、物語の展開に胸を躍らせ、愛すべき仲間と言葉を通して人生の経験を共有する素晴らしさを覚ていきます。周りの家族は、こうした能力や興味を伸ばす働きかけを通して、本を読むことの喜びを育てていくといいでしょう。

読書をお子さんの生活の中心に据えるためのアドバイスを紹介しましょう。

  • 赤ちゃんに話しかける 顔や声を使って、世の中のことやお子さん自身のことを語りかけましょう。お子さんが落ち着いていて、意識の冴えている時を選んで、話を始めましょう。お子さんは生まれる前からあなたの声を聞いていたので、あなた声の響きやリズムが分かります。今度は、そうした声の響きを世の中との関わりに結び付けていきましょう。
  • お子さんの言ったことをまねる お子さんがクゥクゥとのどを鳴らして喜んだら、同じような声をお子さんに返しましょう。お子さんはそうした響きに周りの人が反応してくれるということを知り、言葉に力があることを学んでいくでしょう。
  • ニュース解説者になる その日の出来事をお子さんに話して聞かせましょう。今、お子さんと一緒に何をしているのか、また今、目の前で何を読んでいるのかということでもいいのです。そうすることで、言葉と出来事が結び付き、お子さんは物語の要素を学んでいくでしょう。
  • 名前を教える お子さんの世話をする時には、必ずお子さんの名前を呼び、身体の部分や衣服、持っているものの名前を口に出して聞かせましょう。 名前とものが結び付くのには数週間から数カ月かかるでしょうが、お子さんは言葉と読み書きの基礎を築いていっています。
  • 絵本を一緒に見る 6カ月頃から、本は面白く、わくわくするものだということを教えていきましょう。お子さんの集中力は長く続かないことを理解しておきましょう。短い時間でも本に接するたびに、本を好きになる気持ちが育っていきます。
  • 見て、指さして、それから名前 幼児が読み書きに親しんでいくのは、まずページをめくることを覚えることから始まります。一般には、それから絵を見て、次に絵を見ながらそれに名前があるのだということを認識し、やがて名前のついた絵を指さすようになり、最後に絵そのものの名前を言えるようになります。
  • 本を持ち歩く もう少し大きなお子さんのために、マザーズバッグや車の中にお話の本を1、2冊放り込んでおきましょう。生活空間に本を持ち込み、常に本を身近に置く習慣をつけることで、本は子どもたちにとって生活の一部として欠かせないものになるでしょう
  • リズムと歌を学ぶ子どもたちは、言葉の響きをリズムとして受け止めています。そこから、言葉と響きに対する興味が生み出されているのです。ジェスチャーをつけながらリズムをとることで、動きとその動きを表す言葉が結びついていくでしょう。子ども向けの詩もまた、こうした言葉に対する意識や興味を育てていくでしょう。
  • 本を与える 機会があるごとに、知っている子どもすべてに本を与え、一緒に見るようにしましょう。自宅の特別な(でも行きやすい)場所に家庭文庫を作っておきましょう。
  • 就寝前のお話の時間 お子さんが小さい時から、就寝前の習慣の一つとしてお話の時間を設けましょう。本を読んで聞かせてもいいですし、あなたが作るお話を聞かせても構いません。罰として、就寝前のお話の時間を取り上げるようなことは決してしないで下さい。お話の時間は常に大切に守らなければなりません。

本を読まずに一日が終わることのないようにしましょう。お子さんの毎日の生活の一部に本を取り入れ、本や詩や物語を読まない日がないようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート