ポイントプログラム
赤ちゃんの受診:  1歳児健診

赤ちゃんの受診: 1歳児健診

1歳児健診を受ける時期です。赤ちゃんはますますじっとしなくなっていて、これまでより検査を受けることに不安になっているでしょう。’ – it’ でも、当然のことですので、心配はいりません。かかりつけ医の診察室には、子供たちのための楽しいおもちゃがたくさんあるはずです。それでも、かかりつけの医師が近くに来た時に赤ちゃんがお母さんのそばを離れたがらないこともよくあることです。




次は、予防接種についてです。
1歳児健診で、赤ちゃんはかなり数の予防接種を受けることになるでしょう。まだ幼い赤ちゃんは、時間の感覚や理解力が限られているため、予防接種を受けることについて言い聞かせておいてもあまり効果はありません。お母さんの声や態度から不安を感じ取ってしまうでしょう。そばにいて赤ちゃんを抱きしめて、歌を歌ってあげたり簡単な遊びをして気をそらしてあげましょう。お母さんが落ち着いて支えてあげれば、赤ちゃんはそれほど興奮することなくいられるでしょう。

  • 数種類の予防接種を受けることになるので、痛みを和らげるために鎮痛剤のアセトアミノフェンを少し与えるのもいいかもしれません。まずは、医師に確認しておきましょう。
  • 水痘ワクチンは任意の接種です。接種するかはかかりつけ医と相談してください。



1歳児健診で医師は通常次のようなことをしていきます。

  • まず、体重と身長の計測を行います。1歳を過ぎると赤ちゃんの成長の速度はそれまでよりゆるやかになっていきます。ここをクリックすると成長曲線を見ることができます。
  • 2回目の予防接種(おそらく、DTaP、Hib、ポリオ、MMRワクチンと水痘ワクチン)をします。
  • ビタミンやサプリメント、赤ちゃんの食生活に関するお母さんの疑問について答えます。
  • 赤ちゃんの成長や体重について心配な点がないか確認します。
  • 1歳までに赤ちゃんの体重は出生時のおよそ3倍になります。1歳以降は、少しずつゆるやかに大きくなっていきます。
  • 赤ちゃんがまるまると太り過ぎているような場合は、ミルクを飲ませすぎているのかもしれません。 赤ちゃんの身長から見た体重の割合が大きすぎるか、食事の内容を変えた方がいいかを教えてくれます。’ ヘルシーなメニューにする必要があるだけで、赤ちゃんにダイエットは必要ありません。
  • 栄養上の問題は、赤ちゃんがジュースを飲み始めたころに多く見られるようになるため、ジュースの与え方について話し合います。 “addict”.



かかりつけ医が確認することは次のようなことです。

赤ちゃんは一人一人異なり、発達の目安ができるようになる時期もそれぞれです。それでも、赤ちゃんの個別の発達について、かかりつけ医に相談しておくことはいいことです。

  • 赤ちゃんの歯は生えてきましたか?何本生えていますか?
  • 自分で立ち上がって、何かつかまっているものから離れることはできますか?ある場所から別の場所へ、なんとか移動することができますか?
  • ひとりで歩きますか?それとも、手を持ってあげると歩きますか?
  • ママやパパ以外の言葉を発しますか?それはどんな言葉ですか?
  • 喃語を話しますか、周りの会話を聞いていますか?多少は模倣ができますか?
  • 自分の名前やよく知っている物の名前を聞くと振り返りますか?
  • 欲しいものやお母さんに見てほしいものを指さししますか?
  • 「いないいないばあ(peekaboo)」や「ソービッグ(So Big)」などの遊びをしたり、お気に入りの歌に合わせて体を動かしますか?
  • 両手を上手に動かして使って物で遊びますか?
  • 手づかみ食べをしますか? コップで飲めますか?
  • 床の拭き掃除や顔を洗うといった、よく知っている動作をまねしようとしますか?
  • 隠れているものを探すことができますか? 



話し合いましょう。

  • < />
    この検査は、義務的な場合と任意の場合がある血液検査です。鉛にさらされた可能性について検討しましょう。多くの医療機関には、鉛中毒のリスクを評価するためのチェックリストがあります。赤ちゃんが1972年以前に建てられた家に居住しているのであれば、検査を受ける必要があるでしょう。
  • フォローアップ検査を行うこともあります。
    赤ちゃんに特に心配な点があって、過去に聴力検査や視力検査を受けているのであれば、医師に確認しましょう。 フォローアップ検査を行ういい機会かもしれません。
  • 伝染病についての確認をします。
    家族や赤ちゃんと接する機会の多い人が、結核、肝炎、髄膜炎などの重大な感染症にかかっている場合は、赤ちゃんに感染していないか検査する必要があるでしょう。
  • 最近かかった病気、薬、救急の利用についての確認も行います。
    前回の受診の後に、何らかの理由で薬を服用したり、救急病院に行っていれば、医師に伝えましょう。受診履歴や薬は持ってきておいてください。
  • しつけに関する話をします。
    この年齢の子供を持つ多くの親が関心を持っているしつけについても、医師は力になってくれます。お子さんの行動はこの先どんどん複雑で難しくなっていくことが多いので、この時にアドバイスを受けておくのがいいでしょう。できれば、医師とこの話をする際には家族全員を同席させるのがいいでしょう。
  • 家族の問題についても伝えておきましょう。
    転職、失業、身内の死亡、離婚や家族にストレスを生じさせるような出来事など、家族に大きな変化があった場合は、医師に伝えましょう。 このような出来事は、赤ちゃんに影響を与えるので、赤ちゃんのストレス対処法について学んでおきましょう。
  • 医療保険についても確認されるでしょう。
    お子さんがもう医療保険に入っていない場合は、そのように伝えましょう。今回の支払いに保険適用できる保険制度がいくつかあって、紹介してもらえるでしょう。



医師と遠慮なく思っていることを話し合いましょう。

お母さんにとって、または医師にとって特に気にかかる問題がいくつか出てくるかもしれません。お子さんが次に挙げる項目に当てはまるときは、医師に伝えてください。

  • 自分の足で体重を支えられない、もしくは支えようとしない。
  • 時々であっても、片眼もしくは両眼が斜視になる。
  • 両手を同等に使わない。
  • 意味ある単語を全く話さず、自分の名前を理解していない、もしくは片言も話さない、または意味のわからない言葉ばかり話す。
  • ハイハイしない、もしくはどのような形でも前方に動かない。
  • ほとんど常に、好奇心が強くなく、元気もなくて、楽しそうな様子を見せない、もしくはよく知っている人にもかかわっていこうとしない。
  • 人見知りをしたり、分離不安を感じない(この年齢では、こういった状況で怖がったり不安になるのが普通です。)。
  • 指さしをしない。
  • 見え方や聞こえに問題があるように思われる。
  • 以前できたことができなくなった。
  • 自分で食べない。
  • のどに詰まらせたり吐き戻しが多い、よだれが多かったり、なかなか液体を飲み込めない。



赤ちゃんは一人一人異なり、発達の目安ができるようになる時期もそれぞれですが、赤ちゃんの発達についての問題や心配な点をかかりつけ医と話しておくことはとてもいいことです。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート