ポイントプログラム
SIDS=乳幼児突然死症候群から赤ちゃんを守るために

SIDS=乳幼児突然死症候群から赤ちゃんを守るために

乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)とは、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡してしまう病気です。

日本での発症頻度はおよそ出生4,000人に1人と推定され、生後2ヵ月から6ヵ月に多いとされています。
発症は年々減少傾向にありますが、平成19年においては全国で158人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっています。 


生後24ヵ月頃が最も多く、そのほとんどが1歳未満の乳児期の赤ちゃんに起きています。
原因はまだよくわかっていませんが、育児環境のなかにSIDSの発生率を高める因子があることが明らかになってきました。
それらについてキャンペーンを行った日本および欧米諸国ではSIDSの発生が減っています。


● SIDSを減らすためのキャンペーンのポイント


● なるべく赤ちゃんを一人にしないで

SIDSを減らすためのキャンペーンのポイント

<あおむけ寝で育てよう>
研究者の調査により、あおむけより、うつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発生率が高いということがわかっています。
SIDSはあおむけ寝でも起こるので、うつぶせ寝が直接的な原因というわけではありませんが、うつぶせ寝だと睡眠中の覚醒反応(目覚める反応)が遅れることが、最近の研究で示されています。
医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。
寝返りが打てるくらいに成長すれば、むしろSIDSは起こりにくくなると考えられています。


※寝かせ方に関しては次のようなことも注意しましょう
● 寝具は固いマットを使用し、枕は使わないようにしましょう。 
● かけ布団やタオル、ひもなどが顔にかからないようにしましょう。
● ベッドの回りにはガーゼやビニールなどを置かないようにしましょう。
● 赤ちゃんを寝かす時はいつも場所や寝具への配慮をしてください。たとえば、日中の短い眠りでもソファなどに寝かせるのはやめましょう。


タバコをやめよう
タバコはSIDS発症の大きな危険因子です。
妊娠中の喫煙はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。
妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙はやめましょう。
これには、身近な人の理解も必要ですので、日頃から喫煙者に協力を求めましょう。 


できるだけ母乳で育てよう
母乳育児が赤ちゃんにとって最適であることは良く知られています。
人工乳がSIDSを起こすわけではありませんが、できるだけ母乳育児にトライしましょう。 


なるべく赤ちゃんを一人にしないで
よく眠っているからといって、長時間、赤ちゃんを一人にしないようにしましょう。
赤ちゃんを一人にして外出するのはやめましょう。
なるべく赤ちゃんと同じ部屋で寝るようにしましょう。
※なるべく赤ちゃんを一人にしないことや、寝かせ方に対する配慮は、窒息や誤飲、けが、やけど、浴槽に落ちて溺れるなどの事故を未然に防ぐことにもなります。


最新の情報は NPO法人 SIDS家族の会(※) のホームページをご参考ください。

※SIDS家族の会について
SIDS家族の会は、赤ちゃんを亡くした(SIDS、流産、死産、新生児死、その他病気)家族を精神的な面からサポートするためのボランティアグループで す。サポート活動の他、一般向にSIDSを知ってもらうためのパンフレットや、赤ちゃんを亡くした家族に接する際のガイドラインなどを作成しています。こ れらの活動は子どもを亡くした親自身によって運営され、寄付により支えられています。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート