ポイントプログラム
車内の赤ちゃんと幼児のための最も重要な安全対策

車内の赤ちゃんと幼児のための最も重要な安全対策

赤ちゃんのため、そしてあなた自身の心の平穏のために、車の安全装備が基準を満たしているか確認しましょう。

これらの情報が役立つでしょう:

  • 車のギアを入れる前に、必ずお子さんの居場所を目視で確認しましょう。こうすれば、不慮の事故を避けられます。
  • 確認が反射的に行えるようになるまでは、お子さんの写真をサンバイザーかキーホルダーに取り付けて、思い出すようにしましょう。
  • パワーウィンドウを上げるときは常に注意して、お子さんを安全に車内に留めるよう自動ドアやパワーウィンドウは常にロックしておきましょう。ロックしておけば、娘さんが物を外へ投げたり手を挟んだりすることはありません。
  • 古い車では、手動ロックを使い、窓やドアから離れた場所にチャイルドシートを設置します。
  • 必ず、政府の承認を受けた年齢と体型に合ったチャイルドシートを使用してください(弊社のチャイルドシートお買い物ガイドにご相談下さい)。
  • お子さんは、とくにエアバッグ付きの車の場合は、常に後部座席に乗せるべきです。
  • あなたの車を禁煙ゾーンにしてください
  • 1分たりともお子さんを車内に一人で放置してはいけません。
  • 乗車中、お子さんに直射日光が当たっていないか確認しましょう。必要であればお子さんを後部座席の中央へ移動させ、日よけを使いましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート