ポイントプログラム
赤ちゃんの母斑: ポートワイン母斑または血管腫

赤ちゃんの母斑: ポートワイン母斑または血管腫

血管腫またはイチゴ状血管腫として知られる赤い平らな斑点は、赤ちゃんの肌に最もよくある腫瘍で、新生児の2.5%に見られます。ほとんどの血管腫は– 身体のあらゆる部位にできることがあり– 生後3週間から4週間の間に現れますが、出生時にすでにある場合もあります。

血管腫とは?

血管腫ははじめ平らで赤い斑点として現れ、徐々に大きくなったり厚みが増したりする場合もあります。可能性としては、10ヶ月から1年間は大きくなり続けるかもしれません。その後、不活発な段階に入り、まもなく勝手に縮み始める最終段階へと続きます。全ての血管腫の約半数は、5歳までに消え、9095%は10歳までに消えます。

血管腫から頻繁に出血する場合や、&ndash目の近くや口元など、一般的な身体機能を阻害しかねない場所にある場合を除き、治療は通常必要ありません。もしあなたの赤ちゃんに、何らかの理由で問題のある血管腫がある場合、小児科医あるいは小児皮膚科医が可能な治療法について相談に乗ってくれます。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』