ポイントプログラム
赤ちゃん対策:活発に動き回る赤ちゃんの安全に関するヒント

赤ちゃん対策:活発に動き回る赤ちゃんの安全に関するヒント

親が子供に向ける注意深いまなざしの代わりを果たせるものなどありませんが、以下に示す7つの基本的なアドバイスに従えば、お子さんが「はいはい」を始める日に向けた準備をすることができるでしょう。

  1. 文字通り、「お子さんの高さ」にまで身をかがめてみましょう。
    実際に自宅を這い回ってみると、どういったものがお子さんの手の届く範囲にあるのかを正確に把握できます。例えば机の下を這ってみると、めったに使用しないので蓋をしておかねばならないようなコンセントがその机の下にあることを思い出せるでしょう。

  2. 階段は塞いでおきましょう。
    自宅に階段がある場合には、階段の上がり口と降り口の両方に安全ゲートを設置する必要があります。加圧式のゲートを使用している場合には、可能性として、体重が十分にある赤ちゃんが近づくことでゲートが外れてしまう恐れがあります。壁掛け式のゲートを選択する方が安全です。

  3. コードを遠ざけましょう。
    ベビーモニターや電話も含め、コードの付いたものは全て赤ちゃんの手の届く範囲に置かないようにしましょう。コードレスのブラインドや紐のない窓飾りを購入するのも賢明な判断です。

  4. 大型で重いものは固定しましょう。
    ひとたび「はいはい」を始めたら、お子さんは物を支えにして自分の体を引っ張り上げようとするでしょう。テレビや本棚などの家具は必ず壁や床に固定させるようにしましょう。

  5. 危険物となり得るものには鍵をかけましょう。
    ガレージ、地下室、浴室、トレーニングルーム、仕事部屋はすべて、その内部にあるものがお子さんを危険にさらす恐れのある場所です。掃除用具、ペンキ、重器材、重い物、小さな物、あらゆる種類の化学製品を収納しているキャビネットには鍵をかけ、お子さんの手の届かない場所に置くべきで

  6. 全ての鋭角になったものとコンセントは、赤ちゃんにとって危険のないようにしましょう。
    家具の鋭角部分には全てクッションを付け、全ての電気ソケットをコンセントカバーで保護する必要があります。

  7. 安全な歩き方を子供に教えましょう。
    お子さんが歩き始めそうになってきたら、常に手すりを持っておかねばならないことを伝えながら階段の上がり降りの練習をさせましょう。お子さんが滑って転倒する可能性のある小さな敷物は、どのようなものであれ取り除いておくようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート