ポイントプログラム
やけどの事故を防ぐ

やけどの事故を防ぐ

子どもの安全対策の中でも、もっとも気をつけたいことのひとつが「やけど」。キッチンや暖房機器、お風呂など、家の中にはやけどのおそれがある場所がたくさん。防止するためには、次のようなことを心がけましょう。

●やけど防止のヒント

  • 鍋やフライパンのもち手は、必ず内側に向けておく。
  • ヒーターやストーブ、グリルなど、表面温度が高くなるものには、カバーや柵などをつける。
  • 子どもが勝手に蛇口をひねって熱湯をかぶらないよう、蛇口はしっかりと閉めておく。
  • お風呂に入れるときは、ひじで湯温をチェック。ひじのほうが、手のひらよりも温度を敏感に感じます。ひじで熱いと感じたら、お子さんには熱過ぎると考えて。

「まず近づかないだろう」「大丈夫だろう」は禁物。この月齢の子どもは、大人の予想を超えた行動をします。念には念をいれましょう!

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート