ポイントプログラム
赤ちゃんの安眠ガイド:赤ちゃんの眠りの促進

赤ちゃんの安眠ガイド:赤ちゃんの眠りの促進

睡眠は生まれたての赤ちゃんの健全な成長に欠かせないものです。赤ちゃんをぐっすり眠らせるためにできることがすべて分かる次のアドバイスをぜひご確認ください。




部屋が暑すぎたり寒すぎたりしないかチェックします。部屋の温度は薄手の服を着ている大人がちょうどいいと感じるくらいの温度にします。お子さんは快適な状況であれば寝付きやすくなるでしょう。厚着させないようにしましょう。何枚も服を着せると赤ちゃんは汗をかいて不機嫌になってしまい眠りを妨げてしまいます。通常、新生児は大人より1枚多めに着せるぐらいがちょうどいいので、ほとんどの地域では肌着と綿のスリーパーを着せれば十分でしょう。床に敷物を敷きましょう。柔らかいラグや床一面にカーペットを敷くと部屋を暖める効果があり、床の上に遊ぶスペースを作ることもできます。ラグやカーペットは音を軽減するので、さらに静かな睡眠環境を作ることができます。部屋は暗くしておきましょう。ブラインドや遮光ロールスクリーンを使うと早朝の日差しを遮ることができます。赤ちゃんの寝る部屋に調光器を設置することも心地よい環境をつくるための1つの方法です。赤ちゃんの寝る準備を始めたら薄暗くして、寝る時間に合わせてどんどん暗くしていきます。ホワイトノイズが少し残るようにしておきましょう。食洗器や掃除機の音がある方がよく寝るという赤ちゃんもいるので、昼寝をしている時や夜寝た後でも遠慮なく毎日の家事をしましょう。規則正しいノイズは気持ちを落ち着かせるので、赤ちゃんはよく眠るようになります。赤ちゃんの部屋を快適に眠れる場所にするために内装にお金をつぎ込んだり高級な装置を備え付ける必要はありません。かわいい赤ちゃんがくれるサインを手掛かりにすれば、赤ちゃんはすぐに夢の中に入っていきますよ。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート