ポイントプログラム
ねんねを嫌がる

ねんねを嫌がる

赤ちゃんにとって、眠るということはママやおもちゃ、楽しい遊びの時間とお別れするということ。ですから、赤ちゃんが眠るのをいやがっても、それは自然なことなのです。「もうおやすみしましょうね」と言ってママが立ち去ろうとしたとたん、遊びやおしゃべりをせがんで大騒ぎになってしまうこともあるでしょう。

●毅然と、明るく対応しましょう。

赤ちゃんは、駄々をこねればママを引き止めることができるんだ、と覚えてしまいます。何度かやさしく言い聞かせて、それでも赤ちゃんが静かにならないようなら、一度その場を離れてみてください。ついかわいそうになって一緒にいてあげたり、ねんねの時間を延長したりしてはいけません。
乳児期は赤ちゃんが寝付くまでお部屋にいたり、添い寝したりするのもいいでしょう。決してイラ立ったりせずに落ち着いて、陽気に、そして愛情をたっぷり込めて「おやすみなさい」と言ってあげてください。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート