ポイントプログラム
楽しい家族休暇にするためのアイデア

楽しい家族休暇にするためのアイデア

家族で過ごす休日の計画を立てることは、楽しいながらもちょっと厄介な問題でもあります。例えば、4歳のお子さんはテーマパークで驚きと冒険がいっぱいの三日間を過ごせるとなれば喜ぶでしょうが、一方でお母さんは数時間後には頭が痛くなってくることでしょう。 また、お母さんは一日を美術館で過ごしたいと思っていても、お子さんはせいぜい一時間もすれば退屈になるかもしれません。




ここでは、親も子供も楽しく過ごせる休日のアイデアを紹介します。

  • 一日かけて時間をつぶしましょう。
    子供が最も喜ぶのはわかりやすく親しみのある娯楽の場合が多い、という点を覚えておくべきです。もしお子さんの好きなことがミニチュアゴルフであるなら、たとえ自宅の近所にもそれと似たようなゴルフコースがあるのに…と思っても、ミニチュアゴルフで二時間を過ごしましょう。プラスチックのバケツとスコップで小さな砂の城を作ってみるのも良いでしょう。冒険の要素を取り入れるのも忘れずに。

  • 家族の休暇で観光旅行に出かけるなら、短いものにしましょう。幼い子供にとっては、二時間かけて港をクルージングするほうが一日バスツアーに参加するよりも興味深いものとなるでしょう。
  • スケジュールにはゆとりを持たせましょう。
    子供に合わせたスケジュールにすることが大切です。もしもお子さんが午後になってぐずり出したら、事前に立てた計画を止めてお子さんが(ときにはお母さんも)お昼寝できるようにしましょう。
  • お子さんが疲れているときに移動しましょう。
    これはお子さんによって異なります。朝6時に車や飛行機に乗せるとそのまま朝の9時までずっと眠る幼い子供もいれば、すぐに起きてしまう子もいます。お子さんの(お母さんではありません!)午後のお昼寝タイムを、車移動するべストな時間と考えるのも良いでしょう。
  • 休暇全体を通して、滞在地は一か所にするように努めましょう。
    滞在地を一つにすることで、お子さんが適応しなくてはならない新しい環境の数を減らすことができ、それは結果としてお母さんのストレスを軽減することにもつながります。
  • 空港では予備の時間を十分に確保しましょう。
    近頃では、飛行機の旅によって家族(とりわけ幼い子供連れの家族)の休暇が非常にストレスの多いものになる場合があります。飛行機の乗り継ぎに間に合わなかったフラストレーションは、お子さんひとりひとりにも溜まっていきます。
  • 自分の感情と態度をうまくコントロールしましょう。
    子供は親の感情を自分の感情に反映させるものです。親が慌てていると子供も落ち着かないでしょう。もし問題に直面しても親がゆったりと構えていれば、恐らく子供も親と同じように物事に対処していくことでしょう。



全員にとって完璧な旅となるようにしようと過剰にストレスを感じたりせずに、こういったヒントを取り入れてみることをお勧めします。お子さんの方が楽しめる数日間もあれば、お子さんよりもお母さんにとって楽しい数日間があっても良いでしょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート