ポイントプログラム
写真に入る:赤ちゃんとの家族写真

写真に入る:赤ちゃんとの家族写真

家に赤ちゃんがいると、毎日本当にシャッターチャンスがたくさんありますよね。もちろん、写真を撮ってはいけないと言っているわけではありません。お母さんも家族の一員だということを覚えておいてほしいのです。




赤ちゃんを撮影した写真をざっと見てみましょう。? そのうちあなた自身が写っている写真は何枚ありますか?もちろんあなたもそこにいたのはわかっていますが、いつもカメラの後ろです。




状況を判断する
写真を撮ろう、と思った時、少し時間を置いて、今どういう状況なのかということを判断しましょう。誰が主役ですか?赤ちゃんの初めての散髪?夫の両親の家に初めて家族で赤ちゃんを連れて行く日?いずれの場合も、その出来事の記念になる写真を撮影するようにすると良いでしょう。




たまには代わってもらう
他の人に撮影を頼めば、一緒に体験でき、かつ、写真に残すこともできます。記録係としての役割を手放したくないかもしれませんが、この瞬間は一度きりのものです。 思い切ってカメラを他の人に渡しましょう!

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート