ポイントプログラム
幼児との活動:あなた自身の挨拶カードを作る

幼児との活動:あなた自身の挨拶カードを作る

ありがちな堅苦しい背景の家族写真の代わりに、ホリデーカードを一歩進んだ素敵なものにしてみませんか?以下を参考にすれば、見た目の美しさも内容のオリジナル感も印象に残るようなカードを作成することができます。

良い写真を撮りましょう。 プロに写真を撮ってもらっても、自分で撮っても大丈夫です。カードにして相手と分かち合いたいと思えるようなちょっとした瞬間の写真があるかどうか、手持ちの写真の中から探すのも良いかもしれません。例えば家族での初めてのディナーなのか、生まれたての可愛らしい赤ちゃんを病院から連れて帰る途中なのかなど、何の瞬間をおさめた写真かを一目で伝えられるような写真があればベストです。

ージは短くシンプル、かつ心をこめたものにしましょう。素敵な祝日となるよう願い、相手の近況を尋ね、自分の近況をざっと伝え、そして何か個人的な内容で締めくくるようにしましょう。カードを受け取った相手は写真からあなたの日常のひとこまを垣間見ることができるでしょうが、本当に伝えたいメッセージが相手の心に届くかどうかはあなたの言葉次第です。

家族であることが分かるようにしましょう。 ホリデーカードを受け取った相手が最初に目にするのは写真です。もし相手が一家としてのあなたを知らなくても、例えば家族でおそろいのセーターを着て暖炉の前に座っているような写真の場合には、自分がどこに写っているのかを相手に分からせようとする必要はありません。

最後に、挨拶カードを送るという行為そのものだけでも、十分にあなたの思いは届きます。たとえ完璧な写真ではなくても、また個人的な話を各カードに手書きで添える時間がなくても、カードを送ることは相手にとても喜んでもらえることでしょう。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』