ポイントプログラム
瞑想の仕方:お母さんの自分の時間

瞑想の仕方:お母さんの自分の時間

新生児の世話と家事を一手に引き受けるお母さんにとっては、たとえわずかでも合間に自分の時間を見つけるのはとても難しいでしょう。でも、一日にほんの数分で良いので時間を取って瞑想をすると、心と頭のリフレッシュになり、そのあと数時間ぶんの元気を取り戻せることでしょう。




動きを止め、深呼吸しましょう。




何千年にもわたり、人は気持ちを静め心の平穏や落ち着きを得る手段として瞑想に頼ってきました。




瞑想の利点.
瞑想は全体的なストレスレベルを下げるのに役立ち、また目的意識や集中力も高めてくれます。より良い睡眠にもつながるでしょうし、赤ちゃんの世話をしている最中にもリラックスできます。




実践、忍耐、そして根気


瞑想は、最初のうちは決して簡単ではないかもしれません。実際にはフラストレーションを感じるように思うかもしれません。心を静かにして精神を集中させ続けるなど、ほとんど不可能なことのように感じられます。多くの瞑想経験者によると、初めて瞑想を始めるときには頭が抵抗し、瞑想をするのがよりいっそう難しくなるといいます。

しかし、何事でもそうですが、実践すればするほど瞑想は簡単なものになっていきます。瞑想の手法をマスターできたとしても、その効果を感じられるようになるには時間がかかるかもしれません。


家族で瞑想を楽しみましょう。




幼い頃から子供に瞑想を教えることは、親が子に与えられる貴重なプレゼントの一つかもしれません。瞑想をゲーム感覚で取り込んでみましょう。例えば、誰がじっと座っていられるか、だれが一番長く黙っていられるかなどを試します。ろうそくを囲んで座り(炎から十分に安全な距離を取って)、炎が動かないように皆がじっとできるかどうかに挑戦してみるのも良いでしょう。




実際に始めてみましょう。




瞑想を実践する上での有用なアドバイスを以下にいくつか示します。




1.いつ瞑想に入るのかを決めましょう。




2.自宅の中で、どこか静かな場所を選びましょう。




3.リラックスした状態に入り込んでいけるようなアイテム(枕、香り、写真など)をいくつか集めましょう。




4.楽な姿勢を取りましょう。胡坐をかいて座ったり、あるいは横になったりする姿勢を取ると効果的でしょう。深く自然に深呼吸できるよう、背筋を長く伸ばした状態を保ちましょう。




5. ポジティブな考えにふけるようにしましょう。頭があれこれと上の空になり始めたら、否定的にならずに最初のポジティブな考えのことを静かに思い出しましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート