ポイントプログラム
ベビーマッサージ:優しいタッチとマッサージで赤ちゃんの心を落ち着ける。

ベビーマッサージ:優しいタッチとマッサージで赤ちゃんの心を落ち着ける。

私たち大人と同じように、赤ちゃんも人の手で触れてもらうことが大好きです。研究からも、肌と肌との触れ合いは親子の絆に有益な効果をもたらし得ることが示されています。




人の手で触れることのメリット
お子さんは、温かくて閉鎖的な環境(お母さんのお腹の中)から外の開放的な環境へと出てきました。




丁寧に触れてあげるとお母さんのお腹にいた頃の安心感がよみがえり、お子さんは外界に移動してきたことをあまり不快に感じることなく耐えていけるようになります。






  • 手でマッサージしてあげることで、お子さんは慈しんでもらっていると感じ、守られているという安心感を抱くことができます。
  • ベビーマッサージはお子さんの成長と発達を促進します。
  • ベビーマッサージにより、親も新たな家族の一員をスムーズに受け入れることができます。

心を落ち着かせリラックス効果のあるベビーマッサージを行うための6つの手順。




  1. 部屋は前もって必ず暖めておきましょう。
  2. 何か物が落ちてくるような危険のない安全な場所を選びましょう。床に柔らかい毛布を敷いただけの状態で行う人が多いようです。
  3. お子さんの服を脱がせます(Tシャツ一枚とオムツの姿にします)。)
  4. 必ずしもマッサージオイルを使用する必要はありませんが、もしも使う場合には低刺激性で無香料のオイル(植物性のオイルでも良い)を選びましょう。片方の手のひらにオイルを少量出し、両手をこすりあわせてオイルを温めてからお子さんの肌になじませましょう。体中にオイルを塗ってしまうとお子さんの体は滑りやすくなり、扱いにくくなるかもしれないので注意しましょう!
  5. 一定のさすり方でマッサージを足先や脚の部分から始め、お腹や腕へと手を少しずつ、そして優しく上に移動させていきます。
  6. お子さんの上半身にまで進んだら、脚全体に毛布を掛け、それからTシャツを脱がせます。

お子さんが気持ち良さそうにしているようであればそのまま続け、二人で楽しみましょう!




頻繁にお子さんに触れてあげればあげるほど、お子さんとお母さんの間には強い絆が生まれるでしょう。お母さんが手で触れ、マッサージをしてあげる度に、お子さんは慈しんでもらっていると感じ、守られているという安心感を抱くことができるでしょう。それだけではなく、赤ちゃんにマッサージをしてあげるというのはお母さんにとってもとても楽しいことです!

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』