ポイントプログラム
赤ちゃんの日光浴は大丈夫?

赤ちゃんの日光浴は大丈夫?

質問

Q.紫外線の害がよく取り上げられていますが、赤ちゃんに日光浴をさせても大丈夫でしょうか?させても良いのなら、どんな点に注意したらいいでしょうか?

回答

A.


効用より危険性が高くなった日光浴
紫外線問題が叫ばれる中、赤ちゃんの日光浴についてよく質問を受けます。昔は、「日光浴をしないとクル病(ビタミンD欠乏)になる」「夏にしっかり日焼けをしておくと冬になって風邪をひかない」などといわれ、進んで日にあたったものです。
し かし、皆さんご存知のオゾン層ホールの出現で有害紫外線が地表に到達し、皮膚がんや白内障になる確率が高くなるなど、効用よりも危険性のほうが高くなって きました。オゾン層は強力な太陽紫外線を吸収し、地表に到達するのを防ぐカーテンのような役目をしています。しかし、フロンガスによってオゾン層が破壊さ れ、今まで経験しなかった有害紫外線がホールから降り注ぐようになったのです。


直射日光を避け、日陰で外気浴を
紫外線(UV)は波長の長いほうからA、B、Cに分けられ、有害といわ れるUV-Bは窓ガラスでかなり吸収されます。赤ちゃんの日光浴は、窓ガラス越しか日差しが柔らかい朝か夕方にさせてあげてください。海水浴やプールは日 差しが弱い午前中に。できれば正午前後の3時間は外出を避けるほうがいいでしょう。
しかし、紫外線が怖いからと、赤ちゃんを家の中に閉じ込めてお くのはよくありません。赤ちゃんの皮膚を鍛えるためにも外気浴は必要です。外に出る場合は、帽子やベビーカーの日よけで直射日光を避け、日陰でたっぷり外 気浴をさせてあげてください。子ども用のサンスクリーンを塗ったり、長そでシャツや長ズボンを着用することも一策です。赤ちゃんの表皮は薄いため、その分 紫外線の吸収も多くなります。涼しくなっても油断は禁物です。赤ちゃんに限らず子どもも大人も、必要以上に日光に当たることは"百害あって一利なし"です よ。当然、真っ黒になるまで日焼けするのはよいことではありません。


橋本武夫先生

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』