ポイントプログラム
新生児のお風呂の入れ方

新生児のお風呂の入れ方

お風呂は、お母さんと赤ちゃんの結びつきを強める楽しい時間です。大半の赤ちゃんはお風呂が大好きです。赤ちゃんを入浴させるコツを掴むにはある程度の経験が必要ですが、お母さんはすぐにプロになれるでしょう。




お母さんへのヒント
生まれたばかりの赤ちゃんの場合、臍帯断端(へその緒の根元部分)が自然に取れるまではお湯で湿らせたスポンジでやさしく体を拭いてあげる程度にしましょう。そうすることでへその乾燥を防ぎ傷も治っていきます。
へそ周辺の傷が治ったら、赤ちゃんをお湯の中に直接に入れてみても良いでしょう。ベビーバスやシンクを使う、あるいは清潔なタオルを敷いた上にプラスチック製のたらいを置いて使うのが最も楽な方法です。

温かいお湯を使用しましょう。お湯が熱すぎる場合があるので、まずお母さんが肘でお湯の温度を確認しましょう。
赤ちゃんを入浴させている間は常に抱いていないといけないので、体を洗う布、石鹸、タオルはすぐに手の届くところに置くようにしましょう。
入浴後は赤ちゃんの体を軽く押さえて水気を拭き取ります。皮膚の皺と皺の間を拭くのも忘れないようにしましょう。
きれいに洗って乾いたら、新しい紙おむつに変え、抱き上げてあやし、お風呂でさっぱりした赤ちゃんのふんわりした匂いを吸い込んでみてください。その瞬間ほど素敵なものはないことでしょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート