ポイントプログラム
赤ちゃんの眠りのリズムに合わせた生活を

赤ちゃんの眠りのリズムに合わせた生活を

赤ちゃんを迎えて、いよいよこれから新しい生活。ママもパパも愛情いっぱいお世話を楽しみましょう。大切なポイントは、赤ちゃんの睡眠のリズムに合わせて生活すること。詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんのリズムに合わせましょう

生後1ヶ月頃までの赤ちゃんの睡眠時間は、およそ20時間。まだ体内時計ができてないので、昼と夜の区別がありません。お乳の飲み方も飲む量もそれぞれです。
一度に飲める量も限られていますので、欲しがる時に欲しがるだけ授乳するという、大人とは違うリズムになります。ママも産後の疲れが残っている時期です。
赤ちゃんが眠っている間に家事をすませようなどと思わず、ママのリズムを赤ちゃんに合わせて。赤ちゃんが眠ったら、ママも一緒に寝てしまいましょう。


赤ちゃんの体内時計も少しずつ変化

生後3ヶ月頃になると、睡眠時間がおよそ16時間前後になってきます。体内時計も少しずつできてくるのですが、まだ大人のリズムとはズレています。
生後6ヶ月ぐらいまでに少しずつ昼と夜が区別できるようになり、夜にまとまって眠れるようになってきます。


寝る子は育つ!だから、うんと眠ろう

赤ちゃんの脳や体は、寝ている間に成長しています。睡眠中、赤ちゃんの体内では成長に欠かせない成長ホルモンが分泌され、脳は起きている間に体験したことを情報として学んでいます。
1日のほとんどを眠って過ごす赤ちゃんを見ていて不安になることがあるかも知れませんが、大丈夫。眠っている間も、赤ちゃんはすくすくと育っているのです。
だからこそ、赤ちゃんには、しっかりぐっすり心地よい眠りが重要。そのためには、おむつ選びがとても大切です。


赤ちゃんがぐっすり眠れる!おむつ選びのポイント

★吸収力が弱いおむつだと、赤ちゃんのおしりはムレムレ。不快感で眠りが浅くなったり、おむつかぶれを引き起こしてしまうことも…!おしりがいつもさらさらなら、赤ちゃんもぐっすり。長時間快適に眠れるように、ズレたりモコモコしたりせず、おしっこを分散して吸収するタイプのおむつがおすすめです。

★赤ちゃんは、やらわかい肌ざわりが大好き。そして、お肌はとても繊細。大人にとっては少しの手触りの違いでも、赤ちゃんにとっては全く違う感触として伝わっている可能性も…。赤ちゃんがいちばん心地よい環境でぐっすり眠れるように、はじめての肌にも安心な、やわらかい肌ざわりのおむつを選びましょう。

パンパースのはじめて*の肌へのいちばんは、そんなデリケートな赤ちゃんの肌のことを一番に考えてつくられたおむつ。赤ちゃんのぐっすり、心地いい眠りをサポートします。

★さらさらマジックトンネルで、おしっこを分散して即・吸収!ずっとさらさらで、しかもズレたりモコモコになりません。

★赤ちゃんのデリケートな肌にとてもやさしい、まるで極上シルクのようななめらかな手触り。

ぜひ一度お試しください。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』