ポイントプログラム
はじめての肌をおむつかぶれから守るおむつの条件

はじめての肌をおむつかぶれから守るおむつの条件

おむつかぶれは、繊細な赤ちゃんのお肌にかなりのダメージを与えることがあります。


赤ちゃんにとって、肌は最大の感覚器官のひとつです。おむつは24時間肌に触れるものだからこそ、環境や刺激物から赤ちゃんの肌を守る必要があります。おむつかぶれの予防と、効果的な治療方法について見ていきましょう。


+ 目印

+ オムツかぶれではないとき

+ オムツかぶれの原因は何か?

+ 予防と治療


目印

よくある症状として、赤ちゃんのおしりが赤くはれて、オムツがあたる部分に腫れ物のぶつぶつができます。かぶれた部分が、オムツがあたる部分や赤ちゃんの口 の周りで、かぶれが赤い斑点を中心として赤ピンクの発疹で囲まれているものもある場合には、局所用の抗真菌性薬による治療が必要になる場合があります。


赤ちゃんは、言葉ではっきりどこがどう痛いのか説明できないため、特にオムツ替えのときに泣いたり機嫌が悪かったりして苦痛を訴えたり、食欲がなくなったりすることもあります。


オムツかぶれではないとき

オムツかぶれだと思っていた赤ちゃんのおしりの症状は、もしかすると別の軽い肌の疾患かもしれません。このため、オムツかぶれと、それ以外のよくある疾患の 違いを見分け、それぞれを効果的に治療することが重要です。とびひ、脂漏性皮膚炎、あせもは、特によくオムツかぶれに見違えられやすい疾患です。


とびひ

とびひは、伝染性の細菌性皮膚病で、オムツの部分や顔、手などに、吹き出物やかさぶたのようなはちみつ色の発疹ができ、水ぶくれになったり、かゆくなったり します。この疾患は伝染するので、家族は全員頻繁に抗菌せっけんで手を洗うなどして感染の拡大を防がなくてはなりません。このタイプの腫れ物が見つかった 場合は、担当の小児科医に相談しましょう。抗生物質のクリームや経口抗生薬を処方されることになるでしょう。


脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、生まれて1年以内の乳幼児によく見られる皮膚病です。赤ちゃんのそけい部、生殖器、おなかの下の方などに、厚い白や黄色のかさぶたに覆われ た、高さのある赤い斑点が見られます。同様の斑点が頭皮に見られる場合は、この疾患は乳児脂漏性湿疹と呼ばれます。赤ちゃんを清潔にさらさらに保つように し、症状が改善しない場合は、担当小児科医に相談してみましょう。


あせも

暑さや湿度などから、肌に汗が蓄積し、蒸発できなくなって、あせもになることがあります。3か月以上になるとあまり見られなくなりますが、にきびが広がった ような症状で、ピンクの非常に小さな発疹ができ、オムツのあたる部分の肌のひだのところ、特にオムツのプラスティックの裏張りやおむつカバーが肌に触れる ところに見られることがあります。水分と湿気があせもの主な原因なので、衣類を着せすぎて汗がたまることがないようにし、肌がさらさらに保たれるよう気を つけましょう。重症のあせもだと思われる場合は、専門家に相談するようにしましょう。


オムツかぶれの原因は何か?

オムツかぶれのほとんどは、オムツ内部の水分によって肌が炎症を起こした結果、引き起こされます。肌表面のpHの変化、便に含まれるたんぱく質によるダメージ、細菌やイーストによる副次的な炎症が主な原因です。以下は、それ以外によくある原因を示しています。


オムツのあたる部分を十分きれいにしていない。

オムツかぶれは、便と尿が合わさったときに起こるpHの変化によって引き起こされるため、赤ちゃんのデリケートな肌から異物をやさしく十分に取り除かなくて はなりません。やさしい、アルコールを含まないベビー用おしりふきか、やわらかい赤ちゃん用タオルと温水を使いましょう。デリケートな肌には、水だけの方 がいいですが、おしりには、マイルドな石鹸を使うくらいがいいかもしれません。ごわごわしたタオルでこするのは、かぶれをさらに悪化させ、赤ちゃんの苦痛 を増すことになるので、避けましょう。最近のほとんどの赤ちゃん用おしりふきにはアルコールが含まれていませんが、アルコールはヒリヒリして、さらにかぶ れを悪化させるので、表示を読んで、アルコールを含んだものは使わないようにしましょう。
また、生まれたばかりの赤ちゃんのゆるゆるうんちが肌に直接あたると、おむつかぶれの原因に。おむつを選ぶ際は、サイズやフィット感はもちろん、おしっこやうんちをすばやく吸収して、肌から遠ざけるメッシュ構造をもつおむつを選ぶのがおすすめです。


オムツ替えの回数が十分ではない。

調査によれば、1日に最低8回オムツを替えてもらっている乳幼児は、オムツかぶれを起こすことが少ないことが示されています。頻繁にオムツを替えることが重 要なのには2つ理由があります。1) 長い間ぬれていることで肌が弱くなり、かぶれやすくなることと、2) 尿と便がまじりあっている時間が長くなれば、便中の酵素が赤ちゃんの肌を傷つける時間も長くなります。吸収力の良いオムツは、尿を赤ちゃんの肌から、そして便からも遠ざける働きをします。


吸収力の良いおむつは、尿を赤ちゃんの肌から、そして便からも遠ざける働きをします。
メッシュタイプのおむつなら、ムレを防いでさらさらなおしりを保つことで、かぶれの原因や赤ちゃんのおしりへの不快感も取り除く事ができます。


予防と治療


以下のようにして、オムツかぶれが始まるのを予防しましょう。

  • オムツがぬれたり、汚れたりしたら、できるだけ早く替えるようにしましょう。
  • ウンチの後は、毎回赤ちゃんの生殖器周りをしっかりきれいにし、その後その部分を乾かすようにしましょう。この時、肌をこすりすぎたり、強くこすらないようにしましょう。
  • 赤ちゃんのおしりを守るための軟膏やワセリン ゼリーをおしりに薄く塗りましょう。
  • 新しいオムツをつけるときは、きつく締めつけすぎないようにし、空気が通りやすくしましょう。
  • できるだけ、吸収力の良いオムツを使いましょう。
  • 赤ちゃんが抗生物質を摂取していたり、下痢をしている場合には、オムツの部分を注意して見るようにし、頻繁にオムツ替えをしましょう。

オムツかぶれができてしまったら、以下のような方法を試してみましょう。

  • 頻繁にオムツ替えをして、肌のしめりを減らしましょう。
  • 肌ができるだけ空気に触れるように、毎日、オムツをしていない時間を少しとるようにしましょう(でも、あわやというときのためにオムツやタオルを近くに置いておいた方がいいかもしれません)。
  • ウンチの後は、おしりをしっかりきれいにして、オムツをつける前に少し触って乾かしましょう。
  • 別の銘柄のオムツを試すか、布おむつの場合には、別の洗濯洗剤を試しましょう。
  • 数日たってもオムツかぶれが消えない場合や水ぶくれやうみの水疱などができている場合は、医療の専門家に相談してください。

パンパースのはじめて*の肌へのいちばんは、穴あきメッシュでゆるゆるうんちを吸収|生まれたばかりのとってもかぶれやすい赤ちゃんのおしりのために肌への刺激となるゆるゆるうんちを吸収し、できるだけ肌にくっつきにくくなるよう工夫されています。ぜひ一度試してみてくださいね。

パンパースのはじめて*の肌へのいちばん

>肌にやさしいパンパースのおむつをチェック

* 当社製品内比較

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』