ポイントプログラム
はじめてのお食事

はじめてのお食事

生まれたばかりの赤ちゃんは、本能的にママのおっぱいを欲しがります。赤ちゃんにとって外の世界に出て初めての「お食事」である母乳について、お話ししましょう。


産後すぐに出る黄みがかった母乳のことを「初乳」といいます。たった数滴でも細菌や微生物から赤ちゃんを守ってくれるスゴイ母乳。これが赤ちゃんに吸われると、産後のママのホルモンも分泌され、母乳の製造と子宮の収縮がスタートします。

  • 初乳コロストラム
  • たった数滴でも細菌や微生物から赤ちゃんを守ってくれるスゴイ母乳。"免疫のコンクジュース"と呼ばれるゆえんです。

  • 順を追って・・・・
  • 1、ママのお腹の上にのせられると、赤ちゃんは本能的に乳首の場所を探し当てます。
    2、赤ちゃんを乳房のすぐ横に寝かせて乳首を赤ちゃんのほっぺに当ててあげると、哺乳反射が起きて、赤ちゃんは乳首のほうに顔を向けます。
    3、口が開いたらすぐに、乳首をしっかりくわえさせ、好きなだけ飲ませてあげましょう。
    *もちろん助産師さんが正しい位置になるよう手伝ってくれます。

  • できなくてもあせらずに
  • 授乳は、出産直後から始めたほうが、後々もうまくいきやすいということが研究でわかっています。でも、自分にプレッシャーを与えてあせってはダメ。すぐ授乳をする気になれなければ、リラックスして赤ちゃんとママ両方の準備が整うまで待ちましょう。助産師さんや産科病棟のスタッフがきちんと見守り、正しく対処してくれます。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート