ポイントプログラム
ミルクの量は成長に合わせて

ミルクの量は成長に合わせて

まだ飲みたいの?

生後1年間は、人間が人生のうちでもっとも急激に成長する時期。ときには、赤ちゃんが今までの授乳量では満足できず、ママのおっぱいがぺちゃんこになるくらいたくさん飲んでも、まだおなかをすかせて泣いている、なんてことがあるかもしれません。ママのほうでも、赤ちゃんの成長に合わせて授乳回数を増やしたり、母乳の量が増えるように調整するなど、できることをから始めてみましょう。充分に水分を補給し、授乳の合間には休息をとるのもいいですね。

粉ミルクを利用するときは?

粉ミルクは、母乳よりもゆっくりと赤ちゃんの消化器官を進みます。そのため、授乳間隔が母乳に比べて長くなることがあります。大切なのは、ミルクの量や回数を赤ちゃんに合わせるということ。パッケージに書いてある標準量はあくまで基準。赤ちゃんの哺乳量は、体重や活動の度合い、突然の急成長、暑い気候など、さまざまな要因によって左右されます。赤ちゃんからの飲みたいサインに、いつでも応えてあげられるようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート