ポイントプログラム
泣いている赤ちゃんのあやし方

泣いている赤ちゃんのあやし方

赤ちゃんというのは泣くものです。赤ちゃんが泣き止まないと、何か間違ったことをしているのではと心配になったり、何か泣き止ませる方法があるのではないかと思うかもしれませんが、残念ながらそんな方法は無いのです。神経系が未発達であるため、赤ちゃんとしては、収拾を付けようとした場合、他に方法が無いのです。感情の起伏の激しい家庭の神経質な赤ちゃんであれば泣き方も激しいかもしれませんが、いずれにせよ、どんな赤ちゃんだってイライラすることはあるのです。




あやす

赤ちゃんが夜泣きやイライラしているは、ゆらゆらしてあげたり、トントンしてあげたり、踊ったり歩いたりさせるとよいかもしれません。赤ちゃんが泣き止まないときは、こういったことを試してみましょう。どうやっても上手くいかないからといって落ち込む必要はありません。お母さんのせいではないのですから!




気持ちをしっかり持って

赤ちゃんがいつも泣いてばかりいると、うんざりする事もありますよね。でも、どんなに嫌になっても、決して赤ちゃんをひどく揺さぶってはいけません!
苛立ちが増してキレてしまいそうになったら、赤ちゃんを下に降ろして、一息つきましょう。赤ちゃんをひどく揺さぶると脳内出血を起こし、後遺症が残ったり、死亡したりする可能性があります。これは「揺さぶられっ子症候群」と呼ばれる深刻な症状です。ですから冷静さを失いそうになったときには、誰かに赤ちゃんを任せること。それが母子双方にとってプラスになるでしょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート