ポイントプログラム
赤ちゃんが安全に眠るために

赤ちゃんが安全に眠るために

生まれたての赤ちゃんは、一日のほとんどを眠って過ごします。そこで気をつけたいのが、眠っているときの安全策。簡単なことに注意するだけで、不測の事故などが起こる確率をぐんと下げることができます。

眠りの安全チェック

  • 赤ちゃんは必ず仰向けで寝かせる
  • ベビー用のマットレスは固いものを。
  • 赤ちゃんのそばでは絶対に禁煙!
  • 必ず足より頭のほうが高くなる姿勢で寝かせ、顔が何かで覆われることのないように気をつける。
  • かけ布の中で赤ちゃんが下のほうにずれていかないようにする。

眠りの快適度にも注意を

たとえ生まれたてであっても、赤ちゃんは手足をジタバタと動かすことがあります。また、よく眠っていたと思っても、ちょっとした刺激で目を覚ましてしまいます。ほんの少し目を離した隙に、ジタバタしてかけ布団が顔にかかっていた、などという事態にならないよう、次のことに注意してみてください。

  • 薄いかけ布を何枚か重ねてかけ、暑すぎにならないようにこまめに調節を。(赤ちゃんの頭を触ってみて、熱くて汗をかいていたら暑すぎのサイン)
  • おむつは吸収力の高いものを選び、たまっているようなら交換を。
  • 赤ちゃんの動きでおむつがずれていないか時々確認を。

「パンパースのはじめての肌へのいちばん」なら、世界初の「さらさらマジックトンネル」でおしっこを瞬時に分散・吸収。圧力がかかっても逆戻りせず、赤ちゃんが眠っている間も肌をさらさらに保ち、睡眠を妨げません。またスリットの入った吸収体は水分を含んでもズレたりよれたりしにくく、赤ちゃんのちょっとした動きによるおむつのズレを軽減します。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート