ポイントプログラム
未来の父親:二人目の父親になるということ

未来の父親:二人目の父親になるということ

最初の子供のとき、私の良き友は娘と一時間公園へ行くのに、まるで熱帯雨林に一週間のハイキングへ行くかのような準備をしていました。 彼は予備のおむつ、クリーム、おしりふき、毛布、ボトル、予備の帽子、ガラガラを23個、その他数え切れない装備を詰め込んだナップサックを持って行きました。数年後、息子が産まれる頃には、彼は予備のおむつを一枚後ろポケットにねじ込み、少量のおしりふきを持つと、息子を抱いて出かけるようになっていました。

「今では何とかなるってわかってるからね」彼は私に言いました。「大したことじゃないのさ」

彼の妻の2回目の妊娠に関しても同じでした。私がこれまでに話した他の父親達も共感していました。最初のときは、夫婦のどちらにとっても未知への旅のように感じられます。気分の変化や心の痛み、体型の変化などがその都度拡大されたのは、それがあまりに新しい体験だったからです。2回目になると、二人とも地図を持っており、何かが針路から外れたら気づくことができます。


よく言われるのは、父親は初めの妊娠に比べ二回目には思い入れが少ない、ということです。しかし我々の思い入れが違うのは、別のことに関心を寄せていることが原因であるように思われます。友人の公園行きと同様に、仕組みはもはや大きな問題ではありません。つわりはそのうちに治まるし、妊娠期間中におそらく何度か「共感」の高鳴りを覚えるであろうこともわかっています。夜中に欲しくなりそうな食べ物は前もって買いだめしました。

二回目になると、我々の関心は分散されます。もはや自分たちやパートナーにだけ関心を持つのではなく、上の子にも気を配らねばなりません。この子は妊娠のことをどう思っているのだろう。我々は家族として、この大きな変化にどのように対応してくのだろうか。

他にも新しい考えが、思いもしないときに不意に頭に浮かびます。上の子が健康なのは、単に幸運だっただけではないだろうか。2人目にも最初の子供と同じ感情を抱くだろうか。大学の学費はどうやって払おうか。家の大きさは十分だろうか。夫婦の仕事はどのくらい安定しているのだろう。何かとてつもなく悪いことが起こったらどうしよう。


こういった心配事について話し合うことが重要です。明るみに出すと、問題を把握しやすくなるのです。これをするための良い方法のひとつは、親のための教室にもう一度申し込むことです。確かに前にも参加しましたし、おそらく呼吸法やプラスチックの模型、背中のマッサージのことなどは覚えているでしょう。しかし、今回あなたは経験豊富な旅人としてこの教室に入るのです。 他の生徒はあなたの知恵を求めるでしょう。あなたは最初のときには聞き逃したことを聞けるでしょう。


そして、今回は何が違うのか、そして何ができるのかを学ぶことが出来るでしょう。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』