ポイントプログラム
予定日前の陣痛について

予定日前の陣痛について

予定日前にも時々子宮が収縮してお産の「リハーサル」を始めます。これは、まったく正常な現象。ただ、早産による陣痛もあるので、不安なときには医師や助産師さんに相談した方がいい時も。気になる方はこちらをご覧ください。

●すべてのママが経験!お産のリハーサル

妊娠後期に入ると、時々子宮が収縮してお産の「リハーサル」を始めます。これは、まったく正常な現象。子宮が締まったり腹筋が硬くなったり、ときには赤ちゃんが反転するのを感じてビックリすることも。通常は痛みもなく1時間くらいで収まります。その感じ方には個人差があり、中にはまったく気づかないまま過ぎてしまったという人もいます。

●こちらは注意!早産による陣痛

妊婦さんの約10%が経験しているという、早産の陣痛による子宮の収縮。これは赤ちゃんがまだ生まれてくる準備ができていないうちにお産が始まるということなので、注意が必要。妊娠20週から37週の間に起こる可能性があります。収縮は、だんだん頻繁に、規則的に、強くなってきて、だんだん耐えられない状態に。必要以上に神経質にならなくても大丈夫な場合が多いのですが、早産の兆候があらわれたら、すぐ医師や助産師さんに連絡しましょう。

●早産かも?気になる症状

・月経時のような下腹部の痛み、下痢
・骨盤、腿、股間の強い圧迫感
・腰の鈍い圧迫感
・分泌物の増加、水っぽい分泌物

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』