ポイントプログラム
口腔カンジダ症の原因はなんですか?

口腔カンジダ症の原因はなんですか?

質問

Q.1ヵ月の赤ん坊がいます。口腔カンジダ症について教えてください。原因は何でしょうか。


回答

A.口腔カンジダ症はカンジタ菌という真菌(カビ)によって起こる口腔感染症です。この菌は口内や胃腸内に存在し、通常は害のな いものです。新生児が発症した場合は、膣内にも存在するカンジタ菌が出産時に感染した可能性があります。新生児は何かにつけ、細菌の感染を受けやすいので すが、免疫系統が未熟なことも原因のひとつと考えられます。


菌が口内で増殖すると、舌、口蓋、ほおの内側、歯ぐきに白い斑点が出ます。見た目はひどいのですが、赤ちゃんにとっては特に気にならないものです。 一般に、飲ませるタイプの殺菌剤が処方され、この治療なら赤ちゃんにも安全で効果もあります。自宅で見つけた場合は、早めにガーゼなどで軽く拭き取ってき れいにしてあげるだけで効果があることもあります。母乳育児の場合、カンジダ菌は赤ちゃんの口から乳房にも移り、おっぱいがヒリヒリと激しく痛むことがあ ります。赤ちゃんの治療をしながら、おっぱいにも同じ薬を用いましょう。


ローレンス ・クトナー博士 PhD

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』