ポイントプログラム
Happy Life アドバイス《もうすぐママ》 - 3. 感動の瞬間を人生最高の思い出にするために

Happy Life アドバイス《もうすぐママ》 - 3. 感動の瞬間を人生最高の思い出にするために


出産施設いろいろ

出産に対応している施設には、規模や施設の特徴によって5つの種類があります。


大学病院 医療技術も高く設備も充実。産科以外にも複数の科があり、合併症やリスクのある出産にも対応します。
総合病院 ベッド数が100以上で、大学病院と同じく複数の科がある病院です。合併症やリスクのある出産にも対応します。
病院、専門病院 ベッド数が20以上の産婦人科専門の病院です。小児科を併設している病院も多くあります。
診療所 ベッド数が19以下、医師の人数は1名のところから複数のところまでさまざまです。医院、クリニックという名称の施設は、診療所にあたります。
助産院 助産師が開いている出産施設です。アットホームでナチュラルな出産が特徴です。医師がいないため、リスクのない正常な出産しか対応できません。

あなたの望む出産スタイルは?

出産にも、さまざまなスタイルがあります。主なスタイルを紹介してみました。


自然分娩 自然な陣痛がおこるのを待ち、自然の流れに沿って出産します。
ラマーズ法 出産の正しい知識で不安を解消し、呼吸法で痛みをやわらげます。
ソフロロジー ヨガや禅の技法を取り入れ、精神を安定させることで痛みをやわらげます。
立会出産 パパが立ち会うことでママをリラックスさせ、感動の瞬間をわかちあいます。
フリースタイル出産 座ったり四つん這いになったり、自分がリラックスできる自由な姿勢で出産します。
計画出産 決めた出産日にあわせて陣痛促進剤や帝王切開で出産します。
リスクがある場合などにも用いられます。
無痛分娩 麻酔を使うことで、出産時の痛みを取りのぞきます。

出産する施設を選ぶときはこんなポイントにも注意

希望する出産スタイルがイメージできてきたら、具体的な施設を選びます。
ママとおなかのベビーが、これから長くお世話になる施設です。パパとも相談しながらじっくり調べて決めましょう。


《CHECK!》

●施設の規模や特徴は、希望に合っていますか?
●自分が希望する出産スタイルに対応していますか?
●母親学級や個別指導は、行われていますか?
●入院室などの設備は、希望に合っていてますか?
●ママ友の評判は、どうですか?
●出産費用は、予算の範囲内ですか?
●施設までの距離や交通手段は、大丈夫ですか?


里帰り出産のポイント

里帰り出産の場合、事前に希望の出産施設に予約を入れます。出産までに1度は出産予定の施設を訪ね、できるだけ受診しておくようにしましょう。
妊娠中に通院する施設から出産予定の施設へ、途中で施設を変わることになります。通院だけの施設には、あらかじめ里帰り出産の意思を伝えておきましょう。


今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』