ポイントプログラム
妊娠中の食事:二人のために食べる

妊娠中の食事:二人のために食べる

あなたは今妊娠していますが、二人のために食べるということは実際に食品の摂取量を二倍にするという意味ではありません。事実、ほとんどの妊婦は一日の食事に300カロリー追加する必要があるだけです。これは、

  • 低脂肪牛乳2カップ
  • アイスクリーム1カップ
  • クリームチーズのベーグル1個
  • ツナサンド1個

に相当します。これを念頭に、健康な妊娠のための5大食品群をバランスよく含む食事を維持しましょう。

  • 果物
  • 野菜
  • 穀物
  • タンパク質食品
  • 乳製品

その他考慮すべき食事・栄養のこと:

タンパク質

妊婦には1日約71グラムのタンパク質が必要です。牛乳1カップまたは赤肉1オンスには約10グラムのタンパク質が含まれています。

良質なタンパク源

  • 脂身の少ない肉
  • 鶏肉
  • 乾燥豆
  • レンズ豆
  • ナッツ
  • チーズ

妊娠中に避けるべき食品は

  • ブリーやハリスコのような殺菌されていないやわらかいチーズ類
  • 生あるいは半生の肉(赤ちゃんに影響する可能性のあるバクテリアを含んでいるかもしれないため)
  • サメ、メカジキ、サワラ、アマダイなどの水銀を多く含む魚

カルシウム

カルシウムは妊娠中、赤ちゃんの骨と歯を形成するために必要です。 妊娠中の1日あたりのカルシウムの推奨摂取量は1,000 mg(19歳未満は1日1,300 mg)です。

カルシウムを摂れる食品は

  • 緑の葉物野菜
  • オレンジジュース
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ

妊娠中は1日27mg必要です。鉄を多く含む食品は

  • 鶏肉
  • 全粒粉パン・全粒シリアル
  • 緑の葉物野菜
  • 豆類
  • ドライフルーツ
  • レバー
  • 赤肉

多くの女性が妊娠中期および後期に鉄のサプリメントを飲みます。医師と相談してみましょう。鉄分を豊富に含む食事をしていれば、必要ないかもしれません。

カフェイン

カフェインは控えめに摂取するのが最良です。コーヒーやソーダなどカフェイン入りの飲み物を1日12杯以上飲まないようにしましょう。

妊娠中の体重増加

米国産科婦人科学会によれば、平均的な妊娠の場合 2535ポンド増えるのが普通です。

嗜好の変化

妊娠中になぜ特定の食品を無性に食べたくなる人がいるのか、詳しくは解明されていません。しかし嗜好は食べ物が不足した結果とは考えられていません。大幅な体重増加にならないよう、節度を持って食べている限り、食べたいものを我慢する理由はありません。

残念なことに、妊婦の中には洗濯のりや粘土のような食品でないものを嗜好し、食べたくなる人がいます。これは異食症と呼ばれる状態です。もしあなたが食品でないものを嗜好したら、必ず医師に告げてください。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』