ポイントプログラム
妊娠中の食事: 健康的な食事のためのアドバイス、アイデアとメニュー

妊娠中の食事: 健康的な食事のためのアドバイス、アイデアとメニュー

妊娠中の健康的な食事




「二人分食べる」というのは、お皿に二倍の量の食べ物を盛るという意味ではありません。栄養を二倍摂るということです。妊娠中の食事に何を摂ればいいのかよく分からないですか?では、以下に説明しましょう。




タンパク質とビタミンD、ビタミンB12が豊富に含まれている卵は栄養の宝庫で、調理も手早く簡単にできます。スクランブルエッグにしたり、軽く炒めたご飯の上にのせて食べましょう。




乳製品低脂肪牛乳やチーズ、ヨーグルトはおいしい上に、カルシウムが豊富です。牛乳を1日に2回飲むようにしましょう。また、ヨーグルトやチーズ(殺菌された牛乳から作られたもの)も、毎日摂るようにしましょう。




ナッツナッツやナッツバターは持ち運びができて保存がきくので、外で食べるおやつとして最適です。また、タンパク質や健康に良い脂質も豊富に含まれているので、赤ちゃんの成長も促進します。アーモンドやピーナッツ、クルミはどれもお勧めです。




果物 生でも、冷凍でも、缶詰でも、果物はビタミンと繊維を豊富に含んでいます。便秘の予防にもなるので、妊娠中の食事には毎回欠かせません。缶詰の場合はラベルをよく見て、シロップ漬けより水漬けの果物を選ぶようにしましょう。




鉄分妊娠中は、エネルギーを保ち、貧血を防ぐために多くの鉄分が必要です。赤身の肉や、栄養強化シリアル、ホウレンソウを買いだめておきましょう。特に、冷凍ホウレンソウは値段も手ごろで、準備に手間もかかりません。キャセロールやパスタソースに加えるといいでしょう。




妊娠中は、赤ちゃんの成長のことでいつも頭がいっぱいになると思います。妊娠中の食事を改善することが、お腹の赤ちゃんの健康を増進する最も簡単な方法です。主治医とよく相談し、買うものは慎重に選び、加工食品はできるだけ口にしないようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』