ポイントプログラム
妊娠中の仕事:健康な妊娠を維持する

妊娠中の仕事:健康な妊娠を維持する

妊娠がもたらす身体的な不安から、あなたは仕事を辞めるべきか迷うかもしれません。大多数の女性は、妊娠期間中や出産当日まででさえ、仕事を続けることができます。 ただし、ハイリスクな妊婦(多胎児の場合や早期陣痛の経験がある場合など)は必要な休息を得るために他の人より早く産休をとる必要があるかもしれません。

職場での戦略

あなたの妊娠がハイリスクでなくても、職場での時間を健康に無理なく過ごすために、これらの方法試すとよいかもしれません。
  • 一日を通してこまめに休憩を取り、足を高くして休みます。妊娠中は血液の循環が悪くなりがちです。足を高くすることで血流が良くなり、足首や足のむくみを軽減できます。

  • 職場でのストレスは最小限にしましょう。いくつかの研究は、ストレスの多い女性は早産になる確率がより高いかもしれないことを示唆しています。もしあなたが非常にストレスのかかる仕事をしているのであれば、今こそヨガや瞑想のようなストレス管理法を学ぶ好機です。

  • 夜は十分に眠りましょう。妊娠すると日中に倦怠感を覚える人もいます。日中の睡魔と戦うために、夜の睡眠時間を増やしましょう。もしくは、職場に一人で横になれる快適な場所があれば、仮眠をとるようにしましょう。妊娠中の睡眠問題への対処処方についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。 妊婦のための睡眠戦略

特殊な職業の場合

あなたと赤ちゃんにリスクを呈する仕事がいくつかあります。その場合はあなたの活動を減らすか変更する必要があるかもしれません。もしあなたが激しい身体活動を必要とする仕事をしているのであれば、医療機関で相談しましょう。健康状態が非常に良好で、何も変える必要がないかもしれません。しかしほとんどの医療機関では、上手くバランスをとらねばならないような活動は避けるように指示するでしょう。妊娠により身体の重心が変化し、バランスを取るのが少し難しくなるからです。

同様に、仕事で重いものを持ち上げる人は、お腹が大きくなってくる妊娠中期や後期は特に、背中を痛めない方法を見つけるようにしましょう。もし重いものを持ち上げるのを完全に避けることができれば、それが一番です。

また、仕事で強い化学薬品を取り扱う場合にも、 医療機関に相談すべきです。マスクと厚い手袋で保護すれば済むかもしれませんが、それは化学薬品の種類によります。

あなたの仕事があなたとあなたの赤ちゃんに何のリスクも及ぼさないのであれば、提案された戦略に従い、出産の直前まで働くことが出来ます。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』