ポイントプログラム
Week-19-pregnancy

あなたの妊娠週数:

Go

妊娠19週目: 何が起こるのでしょう

妊娠19週目の赤ちゃん

卵たちの誕生。
お腹の中の赤ちゃんが女の子なら、その生殖器官はすでに完成しています。膣、子宮、卵管が出来ており、卵巣には六百万個以上の原始卵胞が入っています。赤ちゃんが誕生後、原始卵胞の数は約百万個まで減少します。

男の子の場合。
お腹の赤ちゃんが男の子なら、精巣がすでに形成されており、妊娠10週目あたりから、すでにテストステロンの分泌が始まっています。妊娠初期に男性器となった外生殖器も発達を続けています。

第二の皮膚。
この頃に、赤ちゃんの皮膚はクリーム状の物質に覆われ始めます。この物質は胎脂と呼ばれるもので、皮膚から分泌された脂、剥がれ落ちた皮膚細胞、身体全体を覆っていた産毛の抜け落ちたものから作られ、赤ちゃんを取り巻いている羊水の影響から守る働きをします。胎脂の大半は、赤ちゃんが生まれるまでに消えるのが普通。ただし、低体重出生児で生まれる赤ちゃんの多くは、胎脂に覆われた状態で出てきます。

赤ちゃんの大きさ。
妊娠19週目の胎児は、全長が約18センチで、体重は200~225グラム前後。この時期、胎児は成長曲線上ではっきりわかる急激な成長を示します。これからの数週間でぐんと大きく育ちますから、心の準備をしておきましょう。

妊娠19週目のママ

顔貌が変わる。
鼻、頬、額に黒いシミ(妊娠性肝斑)が現れるのも、お腹から恥骨へと走る黒い線(妊娠線)が走るのも、ホルモンの仕業。肝斑も妊娠線も、出産後には徐々に薄くなっていきます。妊娠中は、ただでさえ黒ずみがちな肌の色素が、日光を浴びるとより一層黒くなりますので、日焼け止めクリームをお忘れなく。

円靭帯が痛くなる。
子宮が大きくなるのに合わせて、支えている円靭帯も引き延ばされていきます。靭帯が引っ張られるせいで、下腹部に時々激痛が走ったり、鈍痛を感じたりするでしょう。通常、痛むのは下腹部の右側か左側のどちらか一方。姿勢を変えたり、急に起き上がったりしたときに、痛みが激しくなるはずです。円靭帯の痛みに不安を感じたら、かかりつけの産婦人科医に相談してください。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』