ポイントプログラム
妊娠後期:妊娠中の不快感

妊娠後期:妊娠中の不快感

あなたは今、ゴール前の直線コースにいます! 赤ちゃんが子宮内部で育つにつれ、あなたのおなかは日に日に大きくなっています。

もうすぐ赤ちゃんに会えるのです。でもおそらく、出産までにいくつかの新たな疼きや痛みに耐えねばならないでしょう。体重と圧力の増加が、息切れや消化不良などの不快感をもたらします。

これらの不調は出産後すぐに治まりますが、妊娠後期をできるだけ楽に過ごすためにできることがあります。

息切れ

子宮がどんどん大きくなり腹部の高い位置にまで達して横隔膜を圧迫するため、呼吸が苦しくなることがあります。階段を一つ上がるのにも、息切れがしてしまうかもしれません。一番良い方法は、ただ無理をせず、興奮しすぎることのないように過ごすことです。

横になったときにも息苦しさを感じる人もいます。この場合は、周りに枕を置いて支え、半分座ったような姿勢で眠ってみてください。(睡眠に関するヒントをもっと知りたい方は こちらをクリック) 妊娠後期の息切れは、ほとんど全てが正常です。でももし心配でしたら、医療機関に相談しましょう。

胸焼けと 消化不良

この2つの関連する胃の不調は通常、妊娠後期に襲ってきます。このタイミングで初めて消化の問題を経験する人もいますが、そういった人にとっては大きな驚きとなります。なぜ今になって?


妊娠期間中は消化器系全般の動きが鈍くなります。その結果、胃と食道(口と胃をつなぐ管)の筋肉が緩みます。これにより、通常なら胃に留まっている胃酸が食道や口に逆流してしまうのです。この酸は喉に焼け付くような感覚を与えます(胸焼けと呼ばれますが、胸とは関係ありません)。古い食べ物と胃酸のひどい後味が残る、これが消化不良です。

胸焼けと消化不良を防ぐために次のことを試してみましょう。
  • 食事は量を少なく回数を増やし、食事と食事の間に軽食も摂ります。こうすると、胃酸が逆流する代わりに消化に使われます。
  • 脂っこい食べ物は避けましょう。
  • 食後は立って過ごします(重力が役立つ!)。そして就寝直前に夕食を摂らないようにしましょう。
  • 口の中の苦味を取り除くためにガムを噛みましょう。

医師に相談せずに制酸薬などの市販薬を飲むことはやめましょう。

妊娠後期には、息切れや消化不良など、予想もしなかったようないくつかの不快感を経験します。不快感を軽減させる上記の対策で、この最後の12ヶ月をより楽に過ごしてください。

妊娠後期に起こることについての情報をもっと知りたい方はこちらをご覧ください もうすぐ出産:妊娠後期

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』