ポイントプログラム
幼児向けの健康レシピ:子供のことを考えた食べ物

幼児向けの健康レシピ:子供のことを考えた食べ物

お子さんは、離乳食―調理したチキンを細かく刻んだもの、スパイスの入っていないパスタ、やわらかく煮て塩気のない野菜など―を食していることでしょう。お子さんにさまざまな食感の食べ物を与えるなら、まさに今がチャンスです。そうすればお子さんは成長していく中で新しい食べ物にどんどん挑戦していくことでしょう。

どのくらいの量を食べさせればよいのでしょうか?

幼児の食事量は食事ごとに、また日によっても異なります。お子さんが順調に成長し体重も増えているなら、十分に食べていないのではないかと心配する必要はありません。この年齢期の子供は、自分に必要なものを確実に摂っていくのがとても上手です。実際には、お子さんはお母さんが思っているほどの量の食事は必要ありません。一日あたりおよそ9001000カロリーで良いのです。ノンファットミルク(およそ450680cc)だけでも300500カロリーを占めることを考えれば、この数字は多くはありません。

一日三食の食事に加えて座って食べる類のおやつを与えれば、お子さんの食事量は十分でしょう。溶かして冷やしたチーズをかけたイングリッシュマフィン1/2個、または塩の付いていないクラッカー(一枚)にバナナを少し添えたものにしてみましょう。

幼児向けの広範囲なメニューについての続きを読む。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート