ポイントプログラム
幼児の栄養: 自分で選ばせる

幼児の栄養: 自分で選ばせる

この年齢の子どもたちには、自分で食べたいものなど、ある程度は自分で選んで食べさせてあげましょう。栄養のある食べ物をいくつか出して、そこから自分で選ばせましょう。どろどろした食べ物はもう必要ありません。実際、噛んだり、飲み込んだりするような食べ物を食べさせることで、口の使い方が上手になり、味覚も広がっていきます。




自分で選ばせる
幼児 の食欲と成長は、2年目には落ち着いていく傾向があります。ですから、以前ほどたくさん食べる必要はないでしょう。家族が食べているものから、自分の食べるものを選ばせましょう。ただし、塩を加えるのはやめましょう。まだ、お子さんに何を食べさせればいいのか分かりませんか? アドバイスや提案を求める

役に立つヒント 食事の時間は気軽な交流の時間とし、お子さんが正しい食習慣を身に付けられるようにしましょう。食事の時にはくつろぐようにしましょう。「お姉ちゃんを見て。お姉ちゃんは野菜が大好きだね」などの発言はしないことです。お子さんにプレッシャーをかけると、お子さんは間違いなくうんざりして、摂食問題につながっていくことさえあるでしょう。子どもは、お腹がすけば食べるものです。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート