ポイントプログラム
幼児は食べ物の好き嫌いが激しい:その対処法

幼児は食べ物の好き嫌いが激しい:その対処法

ほとんどの2歳児は、非常に好き嫌いが多いものです。親はしばしば、どうやって生きているのだろうと不思議に思います。お子さんには、何が欲しいか、いつ欲しいかがはっきりわかっているようです。例えば、

  • お皿の上に食べ物がどのように並んでいるかに非常にこだわる
  • すきな食べ物を『どか食い』し、その後拒絶するようになる

一時期お子さんがシリアルしか食べなくても心配いりません。これは正常なパターンで、そのうちに過ぎるでしょう。毎日ほぼ決まった時間に3度の食事と3度の間食を用意し、衝突を避けましょう。そして、お子さんが欲しがるものを食べさせてあげてください。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート