ポイントプログラム
トイレトレーニング中の失敗

トイレトレーニング中の失敗

「トイレトレーニング中の」お子さんの近くに水たまりを見つけても、決してぶったりしてはいけません。そのことを指摘して、残念な気持ちを表したら、手早く着替えさせてあげましょう。それからお子さん自身がおしっこを拭き取り、汚れ物を洗濯機に入れる手助けをします。お子さんは、自分で掃除できますし、そうすべきです。でも罪悪感が生じることのないよう注意します。大声で叱ったり長々と小言を言ったりしても何の効果もありません。

許す:ついうっかり

どうして失敗してしまったかを子供が説明することなどできません。ですから説明を強要するようなことは止めましょう。おもらしのよくある原因は、完全に忘れてしまっていた、ということです。この年齢の子供は、一つのことに夢中になると膀胱から送られてくる信号に気付くことさえないのです。

お子さんがうまくできるように手助けする
家に赤ちゃんが来るなど、普段の生活が大きく変わると、それによるストレスが原因となる場合もあります。
幼い子供は自分の行動の理由や原因を見極めることができません。しかし失敗してしまった時、それにどう対処すればよいか、ということを知る必要があります。そのため、おもらしの掃除をお子さん自身もする、というのは非常に重要なのです。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート