ポイントプログラム
トイレトレーニングはいつ始めるべきか?お子さんの準備が整っていることを示すサイン

トイレトレーニングはいつ始めるべきか?お子さんの準備が整っていることを示すサイン

生物学的な発達の側面から見ても感情の面から見てもまだお子さんの準備が整う前にトイレトレーニングを始めてしまうと、お母さんはイライラし、そして悩んだりすることになるでしょう。また、トイレトレーニングは親子での意思と意志との戦い、もっと言うと決して親が勝つことはできないような意地の張り合いになる場合が多いので、あまりに早く開始するとトレーニングのプロセスを無駄に長引かせることにもなりかねません。大半の子供は、生後18か月から30か月の間にトイレトレーニングがなされます。




サインを読み取りましょう。

注意深く観察してみると、お子さんはトイレトレーニングを始める準備が整いつつあることを行動でお母さんに教えてくれるでしょう。

  • お子さんは、おおよそ予想できる時間に排便がありますか?お子さんは、便意や尿意に自分で気が付き、それを言葉や行動で教えてくれますか?
  • お子さんは自分でパンツの上げ下ろしができますか?
  • お子さんは、トイレやトイレで他の人が何をしているのかに興味を示しますか?
  • お子さんは、幼児用便器の所に自分で歩いて行って座ることができますか?
  • お子さんはお母さんに「いや!」と言い始めましたか?少なくとも自分のおもちゃのいくつかをある特定の場所に置きたがりますか? これは、お子さんが物を自分の身の周りに置いて管理することに関心を抱いている証拠です。
  • お子さんは「濡れている」と「乾いている」の意味を理解していますか?
  • お子さんは褒められると反応し、またお母さんを喜ばせようとしますか?

以上の質問の答えの大半が「はい」であるならば、お子さんにはトイレトレーニングを始める準備が整っているのかもしれません。トイレトレーニングの始め方をいくつか示しますので、参考にしてみて下さい。“yes” お子さんがストレスを感じているようであればトレーニングは延期しましょう。うまく進んでいないと思える場合には少し間を置き、数週間あるいは数か月たってからもう一度チャレンジしてみましょう。タイミングは必ずやってきます。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート