ポイントプログラム
睡眠習慣を身に付けさせる:幼児の睡眠訓練

睡眠習慣を身に付けさせる:幼児の睡眠訓練

幼児の健全な発育には十分な睡眠が欠かせません。言うまでもなく、子供が寝てくれるとお母さんも穏やかでいられます。では、どうすれば子供のテンションを少しずつ下げ、動き回らないようにし、夢の世界へと自然に送り出すことができるのでしょうか。

日課を作りましょう。
夜になったらリラックス効果のあることを日課として毎日行いましょう。「パジャマに着替える」、「歯を磨く」、「顔を洗う」という行為を毎晩繰り返していくと、これらは「就寝前に行うこと」として子供に定着していくでしょう。 まだまだ子供と遊びたい気持ちを抑え、就寝前に興奮させないようにしましょう。

徹底しましょう。
同じ日課を一貫して行うようにしましょう。そうすれば、就寝時間が近づくと子供は自分が次に何をしなければいけないのかわかるようになるでしょう。

心が安らぐようにしてあげましょう。
お気に入りのクマのぬいぐるみや毛布と一緒に眠らせてあげましょう。コップ一杯の水を置き、寝室のドアを閉める前に夜用ライトをつけましょう。そうすれば、子供が再びベッドから抜け出そうとする言い訳を減らすことができます。

子供から呼ばれたら、少し間を置いてから返事をしましょう。
子供から呼ばれても、返事をする前に数秒は待つようにしてみて下さい。返事をするときには、就寝時間であることを子供に思い出させるようにしましょう。子供に呼ばれてやむを得ず寝室に入る場合には、部屋の電気は消したままにし、用事を素早く済ませるようにします。

辛抱強く対応しましょう。
一夜にして幼児に良い睡眠習慣を教え込むことなどできません。就寝時刻になったら毎晩同じことを同じように繰り返して行い続けましょう。そうすれば、やがてお子さんは決められた通りに行動できるようになるでしょう。


おむつの不快感は子供の眠りを妨げる原因になりがちです。吸収力が高く肌ざわりのいいものを選びましょう。肌への最上級の心地よさを追求した「パンパースのはじめての肌へのいちばん」は、入眠前の敏感なお子さんにも優しい肌ざわり。おなか周りはダブルステッチベルトで圧迫感を軽減、足回りは2重ギャザーで快適さをプラス。最新のファイバーテクノロジーを用いた素材は、すべすべふんわり、極上シルクのような柔らかさ。まるでママが寄り添うように、赤ちゃんのおしりを心地よく包み込みます。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースの肌へのいちばん(パンツ)

デリケートで傷つきやすい赤ちゃんの肌のために、最高級*の肌触りなパンツを。