ポイントプログラム
子供との料理

子供との料理

ほとんどの幼児や未就学児は、台所でお手伝いをするのが大好きです。食事の準備を手伝ってもらうことで、お子さんに健康的な食習慣を身に付けさせることもできるかもしれません。

では、「小さなシェフ」と台所で過ごす時間を最大限に上手く活用していくにはどうすれば良いのでしょうか。

簡単なレシピを選びましょう。
献立を決める際には、お子さんの年齢と成長レベルを考慮しましょう。少しの食材で完成させることができるフルーツヨーグルトパフェなどのメニューにするのが理想的です。小さな子供は指を口の中に入れ込むのが大好きですので、口に入れたら危険かもしれないと思われるような未調理の生の食材(たとえば生卵で作ったクッキーの生地など)は避けるようにしましょう。

お子さんと一緒に買い物に出かけましょう。
買い物に連れて行って外の世界を学ぶ経験をさせ、お子さんの発達を促していきましょう。陳列棚から何か商品(食材)を取るときには、それを入れると料理の風味がいかに良くなるのかを教えたり(例えば、「このブルーベリーを入れるとマフィンが甘くなるんだよ!」などと声をかける)、サラダには赤・黄・緑のどの色のピーマンを入れたいかをお子さんにたずねてみましょう。また、商品のパーケージに書かれている文字を指差して、初歩的なひらがなの読み方を教えてあげるのも良いでしょう。

簡単にできる作業を任せましょう。
小さな子供に任せると良いのは、例えば「フルーツを水で洗う」、「砂糖などの材料を入れる」、「かきまぜる」、「つぶす」、「たたく」などの作業です。 少し大きい子供であれば、調理したパンケーキの上にブルーベリーをポトンと置いて「ニコニコ顔」や自分の名前の頭文字の形を作る…といった作業も楽しんでくれるでしょう。

全て親の管理下で行いましょう。
台所では、安全面での注意を怠らないこと、常に親の管理下で行うことが重要です。ミキサーの撹拌刃、鋭利な台所用品、表面が高温になっているものなど、どういったものに触れてはいけないのかを子供に覚えさせましょう。事故を防ぐために、やかんや鍋の取っ手部分は必ずコンロ側に向けるようにしましょう。

一緒に作った料理の出来栄えや味を見て、是非ともお子さんの腕前を褒めてあげましょう。お母さんにとっては難しいことかもしれませんが、台所がいかに悲惨な状態になっていても目をつぶり、ぐっとこらえるようにしましょう。大切なのは、新しいスキルを習得したり新たな食べ物を経験したりするよう後押しし、お子さんの自信を高め続けてあげることです。是非、「小さなシェフ」との時間を楽しんで下さい!

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート