ポイントプログラム
幼児のアクティビティ:楽しいフィンガーペイント

幼児のアクティビティ:楽しいフィンガーペイント

フィンガーペイントの何がそんなに子どもたちを夢中にさせるのでしょうか。汚しても怒られないことがフィンガーペイントを楽しくさせる最大の要因でしょう。周りが汚れないようにしながら、フィンガーペイントをさせる方法をご紹介します。まず汚れないようにカバーしましょう。お子さんが絵の具を使ってもいい部屋を決めたら、床一面とテーブルに新聞紙を広げます。お子さんの袖をまくったら、服が汚れないように、エプロンかスモック、もしくは大きなサイズのシャツを着せてあげましょう。質感や色を楽しみましょう。フィンガーペイントをするといろいろな手触りや色を楽しく試してみることができます。例えば、水を多めに加えると絵の具がなめらかになることや、原色を混ぜると色がどんな風に変わるかを見せてあげることができます。お子さんと語り合いましょう。絵の具を指で触るとどんな感じがするか聞いてみましょう。その際、お子さんが例えを用いて表現したり言葉できちんと説明するように働きかけましょう。写しを取りましょう。お子さんが描いた紙の上に別の紙を置いて上からゆっくり押して写しを取ることもできます。みんなが見て褒めてあげられるように冷蔵庫に貼っておきましょう。フィンガーペイントは、子どもが独創的に自己表現できるすばらしい方法です。また、親と充実した時間を過ごせる上に、手や指の筋肉は鍛えられて強くなり、色を混ぜることについても学ぶことができます。

準備するもの。新聞、エプロンか古いシャツ、ツヤツヤしたフィンガーペイント用紙などの耐水ペーパー、購入したものか手作りした原色のフィンガーペイント(作り方は下記をご参照ください)。代わりに使えるもの。お子さんがフィンガーペイントで手が「汚れる」ことを嫌がった場合は、液体せっけんやシェービングクリームに少量の食用の着色料を足したものやチョコレートプディングなど他のもので代用することができます。フィンガーペイントを作ってみましょう。

作り方1.大さじ13の液体洗濯のりと大さじ1のテンペラ絵の具を用意します。液体洗濯のりを(水の代わりに)フィンガーペイントをする紙の表面に伸ばします。テンペラ絵の具を塗っていきましょう。

作り方2.4カップの冷たい水、1カップのコーンスターチ、小さじ1のテンペラ絵の具か食用の着色料を用意します。水とコーンスターチを混ぜます。常にかきませながら、ドロッとなるまで中火にかけます。火からおろして絵の具か着色料を加えます。火からおろした後、3等分してそれぞれ違う色の絵の具を加えて3色のペイントを作ってもいいでしょう。




今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート