ポイントプログラム
幼児の話し方:言葉と韻

幼児の話し方:言葉と韻

この年頃の子どもは言葉に強い関心を抱いて、必要であれば言葉を作り出したりすることもよくあります。




この強い関心を生かす方法をご紹介しましょう。お子さんの興味を引きつける短い詩をいくつか選びます。韻を踏んでいる部分を強調しながら、一緒にその詩を覚えてみましょう。その後、車に乗る時、お風呂に入る時、朝起きる時などお子さんの毎日のそれぞれの場面で韻を踏んであげてみてください。お子さんは、言葉の繰り返しと自分の生活リズムに合った言葉の整合性を大喜びして気に入るはずです。韻を踏むことによってもたらされるすばらしい効果を知りたいですか?韻を踏む行為は、記憶力を高め、言葉への興味を深める効果があります。しかもお子さんと一緒に楽しみながら身に付くのですからこんなにいいことはありません。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート