ポイントプログラム
3歳児の行動と発達

3歳児の行動と発達

3歳児は魅力的な生き物です。空想と想像、そして自分たちの生活に本気で責任を持とうとするところが、彼らをとても特別な存在にしています。

ごっこ遊び

あらゆる物、人、出来事が、何か別のものへと素敵に変身し、ごっこ遊びは今やとなります。生活の一部です。

3歳のお子さんは、今や生活の中の出来事を説明するためにちょっとした物語りを作り'物事を実現する言葉の力を発見しているのです。

意のままになる想像上の友達は、とても正常で健全な家族の一員です。 あまり'注意を払わないでください。厳しい監視下では、彼らは消えてしまったり重要性が高まりすぎたりするからです。

3歳のお子さんは'この年齢で嘘をつくことはできません。しかし息子さんは、現実を自分の好みに合うように創造的に作り直すかもしれません。 自分の言葉が好ましい現実を創造することができ、またその現実を本当に打ち消すこともできると思っているのです。

他者との遊び

この年頃の遊びは、協力的で本当に相互作用的なものであるべきです。3歳児にほかの子供と遊び、彼らとの争いを解決する機会を与えることは、おそらくこの年頃で最も重要な親業の一部です。

繰り返しの役割

3歳児は予測可能なことに依存します。これは、彼らが世界を理解し制御しようとする努力の一環です。 2日として同じ日が続かないような場合、お子さんが怒りっぽく不機嫌になる可能性が非常に高いと言えます。日々物事の決まった順番を守ることで、子供は次に何が来るのかわかるようになり、制御の感覚を得ることができるのです。

同じであるという感覚と世界を制御しているという感覚を維持するために、3歳児は儀式のように決まったやり方を採用します。深刻な妨げとならない程度であれば、尊重してあげてください。

素敵な言葉

3歳児の言葉に耳を傾けるのは素敵なことです。 それは経験と想像から得られた素晴らしい物語であり、少しの事実と多くの解釈にあふれています。この年頃の子供は、語彙が足りなくても決して躊躇しないため、おかしな言葉が常に飛び出し、あなたに世界を違った目で見させることでしょう。 例えば、噴水は "つぶれるお水" 、SUV車は "箱の車"となります。これらの間違いを楽しんでください。あっという間に彼らの語彙は増え、このような造語は言わなくなりますから。

3歳児の躾

この頃の躾とは、娘さんが散らかしたものを'片付けさせる、息子さんが投げたおもちゃを取り上げるなど、悪い行いとその結果を明確に結びつけることを意味します。

3歳のお子さんが何か悪いことをしたら、すぐに対処することが大切です。あなたはそのことを後になっても覚えているかもしれませんが、お子さんは忘れてしまいます。

何より、3歳の魔法を楽しみ、世界を秩序建てて把握しようとする努力に驚嘆してください。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート