ポイントプログラム
言葉を覚える

言葉を覚える

●ただいま猛勉強中

大人にとっては知らないうちに身についたように思える言語能力ですが、子どもが言語を身につけるということは、実に驚くべき進化。音のパターン、リズム、構成を認識し、話の流れを分析し、微妙なイントネーション(抑揚)や基本的な文法法則がわかるようになります。耳慣れた言葉がどんどん増え、自分の名前の意味などもわかるようになるでしょう。


と同時に、発声器官を使って自分でも言葉を話そうと一生懸命に努力しています。わかる言葉をすべて自分で発声できているとは限りませんから、ママが思っている以上にたくさんの言葉を知っているはずです。

●ママ、きいて!

お子さんが発する赤ちゃん言葉に、注意深く耳を澄ませてみてください。数少ない言葉で自分を理解してもらおうと、どんなにがんばっているかがわかってビックリするはず。少ないボキャブラリーを最大限に活用するのも大得意です。


たとえば動物はみんなまとめて「ワンワン」だったり、動く機械はみんな「ブーブー」という具合。細かい違いにはこだわっていないようです。でも、こんなふうにおしゃべりする中で、ママは自然と正しい言葉を教えることができます。赤ちゃん言葉はおしゃべり練習のファーストステップなんですね。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート