ポイントプログラム
「イヤ!」を連発

「イヤ!」を連発

●小さな反抗期

お子さんが「いや!」という言葉を頻繁に使うようになって、うんざりしてしまっているママ、いませんか?言葉でなくても、ママの言うことを拒否するように逃げ去ったり、物を投げたりするなど、反抗的な態度が目立ってくる頃です。


何に関してもとりあえず「いや!」と反抗してみせるのは、いろんなことを自分でコントロールできると知り、自分の限界を試している行動だといえます。ある程度自由に動き回れるようになり、自分の周囲にも危険がないと知っているからこそ起こる行為です。、ちょっとしたことで癇癪を起こしたりするのも、このあたりの年齢では日常茶飯事。とはいえ、放っておいてはいけません。止められることなくエスカレートすれば、食事や睡眠など基本的な生活習慣から、親と子の大切なコミュニケーションのすべてにまで、悪い影響がおよびます。

●しつけは長いスパンで

覚えておきたいのは、しつけとは教えることであって、罰することではないということ。お子さんにとって初めてのことができないことは当たり前。例えば癇癪を起こすことがお子さんにとってもママにとっても、周りの人にとってもあまり心地いいものでないことを、お子さんは知らないだけかもしれません。つまりしつけとは、子どもに自制を「教える」ということ。その場その場のことだけでなく、長期的な目標として「しつけ」を考えてください。常に一貫性を持ち、どんなことがいけないことなのか、はっきり制限があることを教えてあげることが大切です。

]

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート