ポイントプログラム
子供の歯科治療と歯の衛生

子供の歯科治療と歯の衛生


0in 12pt;”>歯科衛生は、幼少期、そして生涯にわたっての全般的な健康と見た目の印象にとって極めて重要です。最近では予防歯科が非常に進んでいることから、子供たちは真珠のように白く輝くきれいな歯を生涯にわたって維持することも夢ではありません。また、今日では痛みも恐怖心も取り除いたデンタルケアの提供について理解が進んでいるので、子供が年二回の定期検診時に不安がる理由はないはずです。

ここでは、お子さんに歯の正しいケアを教え、生涯にわたって輝く笑顔を維持できるような考え方を身に付けさせるには、お母さんはどうすれば良いのかについて、いくつかご紹介します。


子供に優しい歯科医を選びましょう。

子供の歯の問題に関心を持ち、特別な訓練の経験を持つ小児歯科医がいます。お住まいの地域にそういった小児歯科医が不在であれば、待合室、スタッフの対応、子供と行く場合の居心地の観点から見て良いと思える歯科医を探してみましょう。医療従事者から何らかのアドバイスを受けることもできるでしょう。


余裕を持って早めに行きましょう。
歯医者の雰囲気に慣れさせるため、診察の予約時間よりも前に子供を連れて行きましょう。


歯医者に対するお母さん自身の考え方を見直しましょう。

多くの親は、歯に関してあまり良い思い出がなく、たとえ言葉には出さなくても歯医者の椅子に座ることに対するネガティブなメッセージを子供に伝えてしまっているかもしれません。最大限にポジティブな親になれるよう、子供と一緒に歯医者に行って診察を受けると良いでしょう。


乳歯を大事にしましょう。

子供はいずれ乳歯を失います。とはいえ、詰め物やコーティング、壊死した歯の抜歯も含めて適切に乳歯をケアすることは、まだ生えていない隠れた歯と顎の正しい発達と健康を確保するために必要なことです。お母さんが子供のときには選択肢になかったような歯のケアも、近頃では提案されて整っています。フッ素の入ったリンス液についてもたずねてみましょう。


ここでは、歯科を受診してから次の受診までの間に、歯の輝きを保つために自宅でできることをいくつか紹介します。

  • 子供に、一日二回の歯磨きの習慣を身に付けさせましょう。 朝食後と就寝前の歯磨きがタイミングとして望ましいです。7歳以下のお子さんの場合には少なくとも夜の歯磨き、そして4歳以下のお子さんの場合には朝晩両方の歯磨きの仕上げをしてあげましょう 。
  • 毛先の柔らかい歯ブラシを使いましょう。歯ブラシの毛が硬いと歯茎の表面を傷つけて細菌の繁殖を促してしまう恐れがあります。3か月6か月に一回、あるいは毛先が摩耗してきたらすぐに、新しい歯ブラシと交換しましょう。
  • 洗面所にタイマーを置きましょう。タイマーを2、3分にセットしましょう。全ての歯をきちんときれいにするためにはそのくらいの時間を要します’。
  • フッ素の確認をしましょう。フッ化物補充剤の追加についてかかりつけの医師に聞いてみましょう。フッ化物補充剤の量と種類は、お住まいの地域の水道水のフッ素含有量によって変わります。お子さんがフッ素を含むペットボトルの水を飲んでいるとしても、その量は十分ではない場合もあるので、フッ化補充剤の必要はないと勝手に判断してはいけません。



  • 歯にべとべとくっつく食べ物は避けましょう。グミやフルーツロールケーキの中には、ほとんど砂糖のかたまりで、歯のそしゃく面に一日中ずっとくっついているようなものもあります。

自宅と歯医者で良いデンタルケアを行えば―そして正しい量のフッ化補充剤を使えば、お子さんは大人になってもずっと白い歯と輝く笑顔で過ごせることでしょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート