ポイントプログラム
言葉を覚える

言葉を覚える

●その子のペースで

子どもの言語の発育は十人十色。まだ言葉が出てこないようなら、まずはボディランゲージ(身振り手振り)でお子さんの理解度を確かめてみましょう。ボディランゲージで上手に意思表示ができるようなら、コミュニケーションの基本は理解しているはず。言葉の発達が早い子でも、伝えたいことがうまく話せないときは、ボディランゲージを使います。欲しいものがあって、それが何と言えばいいのかわからなければ、そのものを指差して欲しいことを身振りで伝えようとするでしょう。

●「口まね」が効果的

お子さんが身振りでほしいものを伝えようとしていたら、ママが助け舟を出してあげてみましょう。「何が欲しいの?トラック?それともクマちゃん?」など、いくつか言葉を並べて、お子さんがまねして話せるよう質問の形をとるとよいでしょう。「これでしょ」とそのまま渡したり、別のときに「これはトラック」と一方的に教えるより、お子さんの興味に応える形でタイミングよく教えたほうが効果的です。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート