ポイントプログラム
文章で話し始める

文章で話し始める

●つなげて、つなげて

今までは単語を発するだけだったお子さんも、そろそろ「文章」で話し始めます。たとえば「お買い物に・行く」「かわいい・お洋服」「あれ欲しい・かわいい」といった具合。
ただしそのレベルには子どもによって個人差があり、2歳でいろんな言葉を組み合わせて話すことができる子もいれば、まだ2、3語を組み合わせるだけで精一杯の子もいます。

●ママにお話して

成長とともに、話せる文章は長くなっていきます。お話を読んだり、絵などを見ながら一緒にお話したりすることは、言語テクニックの上達に役立ちます。
何度も読んでもらったお話は覚えることができるので、突然、スラスラと絵本を読んだりすることもあるでしょう。
また、できるだけたくさんお子さんと話をしてあげてください。今日あったこと、うれしかったこと、好きなキャラクターの話…お子さんはママにいろんなことを伝えるのが、うれしくてたまらないはずです。


POINT
話している途中で抜けているところは、ママがさりげなくつないであげて、話が進んでいくように手伝ってあげましょう。細かい文法はひとまず置いておいて、今はまず、考えをつなげていくことが大切です。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート