ポイントプログラム
しつけ:子どもへの話し方

しつけ:子どもへの話し方

小さな子どもをしつける時、ほとんどの親はしゃべりすぎたり、曖昧な言い方をしています。しゃべりすぎたり、曖昧に不満を示しても、子どもは混乱し、当惑するだけでしょう。




ですから、以下の手引きに従って、簡潔に伝えることを心がけましょう。





  • 例えば、「草を食べてはいけません」というように、お子さんがどのような間違いをしたのか伝えます。
  • 次に、ではどうするべきなのかを教えます。 「自分の車を持って来なさい」 そして、お子さんと一緒に車を取りに行きましょう。
  • 「やめなさい!」、「いい子にしなさい」、「おとなしくしなさい」、「言われたとおりにしなさい」といった曖昧な言い方をするのは避けましょう。小さな子どもは(そして、中には大きくなった子どもでさえ)、あなたの言っていることが分からないでしょう。




役に立つヒント お子さんが道路に走って行ってしまった時の対応の仕方に注意しましょう。お子さんの後を追いかければ、お子さんはあなたをからかおうと、ますます速く走って行ってしまうかもしれません。大声で「止まりなさい!」と言ってみてはどうでしょうか。おそらく、お子さんは立ち止まるか、速度を落とすでしょう。そうすれば、お子さんを捕まえることができます。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート