ポイントプログラム
お子さんはどうやってお友達と関わっていくのか

お子さんはどうやってお友達と関わっていくのか

幼児は他の子供に興味深々です。お子さんは、周りに他の子がいるとお母さんのことなど目に入らなくなることすらあるかもしれません。実際に、生後12か月の赤ちゃんと生後24か月の幼児を一緒にさせておくと、自然に向き合って座ることが研究からわかってきました。おそらく遊ぶときには、生後24か月の幼児の方は生後15か月の幼児の遊びに後戻りし、一方で生後12か月の赤ちゃんの遊びの能力は、生後15か月の幼児の段階に進むでしょう。このようにして、二人は互いに並行して上手に遊ぶことができるのです。




遊びと学び




この年齢期の子供にとって「友達」がいかに大切なものであるかを考えれば、このように幼児が他の子供に夢中になるのも理解できます。生後22か月の幼児ですら、依然として他の子供と直接に関わるのではなく並行して遊ぶ傾向がありますが、それでもお子さんは他の子供の真似をしたり観察をしたり、ときにはケンカをすることで多くのことを学んでいくでしょう。お子さんにとって必要な他者との関わりを促すためにも、遊びのグループを作ったり、参加したりしてみましょう。この年齢期では、学びを目的に考えた場合、最大でも二時間程度の遊びの時間(おやつの時間も含める)にするようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート