ポイントプログラム
幼児の語彙の増加

幼児の語彙の増加

これまで何でも「いや」と言っていたお子さんも、そろそろ違う答えをするようになってきたのではないでしょうか。言語理解力や語彙力の向上によって、お子さんはこんなことができるようになってきます。

  • 話し合う
  • 二つのうちどちらかを選択するということを理解する(二つ以上はまだ難しいです)
  • 簡単な文章を理解する(「トイレに行ってからこれをしましょうね。」など)

惑わされてはダメ。

お子さんは依然として我が道を進もうとします。自立を主張し、許容範囲を試しています。どうして欲しいのか、ということは明確に伝える必要があります。「良い子にしてね。」という表現は小さなお子さんには理解できません。そうではなくて、「ぶってはダメ!」など、具体的に指示するようにします。許容範囲を示す場合、言葉が多すぎるのもよくありません。長々と話すと、お子さんは圧倒され、どうしてよいかわからず、困惑してしまうでしょう。笑顔も忘れずに。

今、あなたにオススメ:

おしり拭き

パンパース ふわふわシート

病産院使用率No.1おむつブランド「パンパース」の、厚手で大判サイズ、素肌とおなじ弱酸性のおしり拭きシート