赤ちゃんのお肌のトラブル

赤ちゃんのお肌は敏感で、いろんな皮膚のトラブルを起こすことがあります。そのほとんどは深刻なものではなく、すぐに治療できるものです。直射日光に長時間あてないようにしたり、食べ物のアレルギーに注意してあげるなど、ふだんのケアもお忘れなく。

●赤ちゃんに多いお肌のトラブル

赤ちゃんのお肌のトラブルは、下記のようなものがあります。お風呂に入れてあげるときやおむつ替えの時に体をチェックしてあげて、なにかトラブルがあったときはお医者さんにみせましょう。

  • 乳児座蒼

  • とびひ

  • 湿疹

  • 虫刺され

  • あせも(汗疹)

  • 食物アレルギー

  • 日焼け

  • やけど

  • ヘルペス

●もっとも日常的なトラブルは「おむつかぶれ」

お母さんを日常的に悩ませるトラブルは、やはり「おむつかぶれ」。主な原因は、おむつ内のムレや排泄物による刺激です。とくに授乳中の赤ちゃんは、ウンチがゆるくて肌にべったりつきやすく、便中の腸内細菌や酵素などによる刺激で、あっという間にかぶれてしまいます。そこで「パンパースのはじめての肌へのいちばん」は、全サイズに独自の穴あきメッシュを採用。ゆるゆるウンチを素早く吸収して肌へのくっつきを防ぎ、赤ちゃんのデリケートな肌をウンチの刺激から守ります。 最後に、おむつかぶれを防ぐ一番の方法はこまめなおむつ替えです。おしっこやウンチに気づいたらすぐにおむつを替えてあげましょう。

article_P7-product_benefit-icon

>パンパースのはじめての肌へのいちばん*をチェック

* 当社製品内比較

Flexible banner